ガイドブック編集部 > 特集 > 映画・ドラマ舞台の歩き方 >  映画『スラムドッグ$ミリオネア』監督&原作者Wインタビュー > インド旅のススメ

「地球の歩き方」30周年記念企画

インド旅のススメ

ヴィカス・スワラップ氏

インドを本当に知りたいなら3、4ヵ月はかかりますよ(笑)。地域によって全く様子が違いますから。北インドにある首都デリーは現代と古代のふたつの顔を持つ都市。政府の中枢機能もあると同時に旧市街も残っていて、とても個性豊かです。一方、西インド、アラビア海に面するムンバイーはコスモポリタンな都市。ボリウッドと呼ばれるインド映画の中心地でも有名ですね。商業の首都的存在なので、デリーが権力の街なら、ムンバイーは金の街といえます。また東インドのコルカタは、イギリス植民地時代の首都。街にも大英帝国の影響が残っています。人口密度も高く仏教にゆかりのある場所が多いですね。 南インドなら、アーユルヴェーダで有名なケーララ州は緑が豊かですし、より古いものが見たければチェンナイへ行かれるとよいでしょう。

 

ガンジス河に触れるならバナーラスへ。近くにある私の出身地アッラーハーバードは3つの聖なる河が合流する場所です。アーグラーのタージ・マハルはもちろんはずせません。その隣のラージャスターン州は砂漠の地で中世の面影が残るお寺が多くあります。これだけ多彩な顔があるからこそ、みなさんが繰り返し足を運んでくれるのでしょうね。

インドの子どもたち
旅の可能性は鉄道にあり
鉄道

インドを旅するのであれば、鉄道旅行を考えて欲しいですね。飛行機や車は上流、中流階級の人でないと利用できないので、鉄道は国民のライフライン、インドの動脈といわれています。旅は可能性との出会い。その最上の機会が鉄道での旅行だと思います。なにしろインドの端から端まで走っているので様々な人と乗り合わせます。飛行機なら二十数時間隣の人と一言も話さないことも多いですよね。でも鉄道は車内の人と会話や食べ物を分かちあって旅をするので友情も生まれる。インドで文化的、精神的な会話が一番行われるのは鉄道だとか。たとえばデリーからチェンナイまで鉄道だと3日はかかるけど、道中インドのカントリーサイドの姿やリアルなインド人々を見ることができますよ。

インド全図

「地球の歩き方」インド編担当「た」の補足
スワラップさんがおっしゃるとおりインドは広く、地勢や気候や土地柄はもちろん、文化、文明、言語に至るまで、多彩で混沌とした国です。北と南では言葉も違えば人柄も異なり、一度ですべてを観て回るには、3ヵ月でも全然足りません。実際、南インドのタミルナードゥ州だけを3週間で移動するのも駆け足になりましたし、インド人から「どれだけいるの?」と尋ねられて「3週間」と答えたら、「短っ! 普通2、3ヵ月いるよね」と一刀両断されました。インドを旅しようと思っておられる、とりわけ潤沢に時間を使えない社会人のみなさんは、エリアやテーマを決めて訪れるといいですね。 北インドは鉄道網が、南インドはバス網が発達しています。バスはスワラップさんの言う飛行機同様あまり交流の生まれにくい乗り物ですので、公共交通機関内での人との触れ合いを求める向きは鉄道旅行を。ただ、外国人旅行者を狙った睡眠薬強盗なども起きやすい場所なので、すすめられる飲み物や食べ物には注意しましょう。悲しいことですが、それもまたインドの一面です。
一度訪れてハマる人ともうイヤになっちゃう人とで激しく分かれるのもインドの特徴ですが、総じて北(ヒンドゥー語圏)には旅行者を騙そうと積極的に試みる人が多く、南(タミル語圏)には少ないと言われています。旅のしやすさもそれに比例しますので、心配な方はまず南インドから入るといいかもしれません。本格的に“喰らってみたい”人は迷わず北へ。デリーの空港に着いたときから“満喫”できること請け合いです。
世界遺産のヒンドゥー寺院

世界遺産のヒンドゥー寺院

著名な見どころは北のほうに多いため、日本からの旅人の多くがヒンドゥー語圏だけを旅しています。それが「もうイヤ」反応の一因でもあります。訪問先に南インドを混ぜることで中和され、インドの見え方、感じ方も拡がると思います。ぜひ、時間の許す限り、広い国土のあちこちを訪れてみてください。



  • トップページへ
  • ダニー・ボイル監督インタビュー
  • ヴィカス・スワラップ氏インタビュー


2009年05月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部