海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > タイ > バンコク > 観光スポット > ワット・プラケオ(ワット・プラケーオ)と王宮

タイワット・プラケオ(ワット・プラケーオ)と王宮Wat Phra Kaeo, Grand Palace

バンコクイメージ

ワット・プラケオは、タイで最も重要とされる寺院。1782年に時の国王ラーマ1世が王朝の守護寺院として建立し、1784年に完成した。ヒスイでできた本尊の仏像は、その美しい緑色からエメラルド・ブッダとして名高い。隣にある王宮とあわせて見学しよう。

地球の歩き方からのオススメ情報

交通アクセス

BTSサパーン・タークシン駅そばのサートーン船着場から船でN9ター・チャーン船着場、徒歩3分

開館時間

8:30~15:30

定休日

無休(特別な行事があって本堂や王宮に入れない日でも、境内には入れる)

料金

500B(外国人料金)

注釈

撮影 エメラルド・ブッダのある本堂内部のみ禁止。ほかも三脚は使用不可

バンコク の海外航空券

バンコクのおすすめツアー

バンコクの現地ツアー

バンコクのおすすめホテル