海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 中東 > トルコ > カッパドキア

トルコカッパドキア旅行ガイド

カッパドキアはアナトリア高原の中央部に広がる大奇岩地帯。キノコ状の岩に代表される奇岩の不思議な景観、奇岩の中に残された膨大なキリスト教壁画、地下何十mにも掘り下げられた地下都市とさまざまな顔をもつ。トルコ観光の最大の見どころだ。バスの窓から目に入る景色は、これまで訪れたどの地域の景色とも異なるだろう。なだらかな岩肌のグラデーションが広がるかと思えば、ごつごつとした奇岩群がある。ニョッキリと突き上げるキノコのような岩のユニークさには思わず笑い出してしまうかもしれない。これがすべて自然の力でできたのだから、やはりすごい。こうした地層は数億年前に起きたエルジエス山の噴火によって造られたもの。火山灰と溶岩が数百mずつ積み重なった末、凝灰岩や溶岩層になった。その後も岩部は風雨に打たれて浸食が進み、今では固い部分だけが残されて不思議な形の岩となった。カッパドキア地方はヒッタイト時代から交易ルートの要の地として栄え、4世紀前後からはキリスト教の修道士が凝灰岩に洞窟を掘って住み始めた。彼らは外敵から身を守りつつ、信仰を守り続け、洞窟内の天井や壁に見事なフレスコ画を残したのである。標高1000mを超す高原のさらに奥深い岩山での、ひたむきな信仰生活をかいま見ることができる貴重な地域といえる。

地球の歩き方からのオススメ情報

トルコの最新記事

  • 新着
  • 特派員ブログ
  • 旅の口コミ

中東 の海外航空券

カッパドキアのおすすめツアー

カッパドキアの現地ツアー

カッパドキアのおすすめホテル