海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > グアム・サイパン・リゾート > バリ島 > デンパサール(バリ島) > 観光スポット > プリ・ルキサン美術館

バリ島プリ・ルキサン美術館Museum Puri Lukisan

デンパサール(バリ島)イメージ

ウブド中心部にほど近い場所に建つウブドを代表する美術館。
1956年、オランダ人画家ルドルフ・ボネとウブド王宮のチョコルダG.A.スカワティによって創設された。プリ・ルキサンとはインドネシア語で「優れた芸術の宮殿」という意味で、その名に恥じないようなすばらしい絵を所蔵している。美しい庭に面した2棟からなる常設展示館内では、1930年代以降のバリ人画家の絵を展示するという手法を取っており、ウォルター・シュピースやルドルフ・ボネなどの描いた西洋画家の影響を受けながら、独自のスタイルを作り上げてきたバリ絵画の変遷を知ることもできるのだ。
また庭の奥にある特別展示館では、ウブド周辺の若い画家たちの企画展示が行われており、購入することも可能だ。

地球の歩き方からのオススメ情報

TEL

(0361)971-159※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
バリ島への電話のかけ方をご参照ください。

開館時間

9:00~18:00

所要時間

30分

料金

大人Rp.85,000、子供(10歳以下)無料

注釈

※プリ・ルキサン美術館ではワークショップに参加することもできる。バティック教室がおすすめ

アジア の海外航空券

デンパサール(バリ島)のおすすめツアー

デンパサール(バリ島)の現地ツアー

デンパサール(バリ島)のおすすめホテル