海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 中東 > トルコ > イスタンブール > 観光スポット > スルタンアフメット・ジャーミィ

トルコスルタンアフメット・ジャーミィSultanahmet Camii(スルタンアフメット・ジャーミィ)

イスタンブールイメージ

スルタンアフメット・ジャーミィは、このあたりの地域名にもなっているとおり、旧市街の観光の中心。壮大なその姿はイスタンブールの象徴でもある。
トルコのジャーミィは丸天井のドームと尖塔(ミナーレ)に特徴がある。スルタンアフメット・ジャーミィも例外ではなく、6本のミナーレと高さ43m、直径27.5mの大ドーム、4つの副ドーム、30の小ドームをもっている。6本ものミナーレをもつイスラーム寺院は世界でも珍しい。
このジャーミィは、スルタンアフメット1世の命を受け、ミマール・スィナンの弟子のメフメット・アー Mehmet Agaの設計により1616年に建造された。言い伝えによると6本のミナーレはスルタンから「黄金(=アルトゥンAltun)」と所望されたメフメット・アーが「6(=アルトゥAlti)」と勘違いしたため、このような類を見ないものができあがったという。重厚なその姿は、オスマン朝建築の傑作のひとつとして高い評価を得ている。
ガランとした広いフロアの上を見上げると、高い丸天井が独特の雰囲気を作り出している。またドームには260にものぼる小窓があり、ステンドグラスに差し込む光が館内を淡く照らす。
内壁を飾る、2万枚以上のイズニックタイルは青を主体とした非常に美しいもので、さまざまな文様を組み合わせているにもかかわらず、建物全体としてみると連続した美しさがある。そのため、このジャーミィはブルーモスクの愛称で広く親しまれている。敷き詰められた絨毯も見事。イスラームの聖なる色である「緑」の絨毯はエチオピアから贈られたものだ。
ジャーミィの前には広い庭があり、手入れの行き届いた花壇にはいつも草花があり、記念撮影する観光客や市民の憩いの場となっている。

地球の歩き方からのオススメ情報

開館時間

随時(1日5回の祈りの時間の入場は控えること)

所要時間

30分

定休日

無休

料金

寄付歓迎

中東 の海外航空券

イスタンブールのおすすめツアー

イスタンブールの現地ツアー

イスタンブールのおすすめホテル