海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 中東 > トルコ > イスタンブール > 観光スポット > 地下宮殿

トルコ地下宮殿Yerebatan Sarnici(イェレバタン・サルヌジュ)

イスタンブールイメージ

イスタンブールの旧市街では、地下の貯水池が数ヵ所発見されている。なかでもこの貯水池は、4世紀から6世紀、コンスタンティヌス帝からユスティニアヌス帝の時代に造られたものだといわれている。イェレYereとは「地に」、バタンbatanは「沈んだ」という意味のトルコ語だが、ここはまさに地下の大貯水池。ビザンツからオスマン朝時代にかけ、ここは周辺地域の主要な水がめとなっていた。水はアタテュルク大通りAtaturk Bul.にかかるヴァレンス水道橋からここへ引かれ、後にトプカプ宮殿のスルタンたちののどを潤したという。全体は縦140m、横70m、高さ8mほどで、内部はコリント様式の柱で支えられている。当初はこの柱も28本の円柱が12列、合計336本あったが、南西側が19世紀末に型として塗りつぶされた際に、90本の柱がなくなっている。
今でも地面には水がたまる。発見されるまで、人々は地下宮殿の上に家を建て、床下に穴を開けては水を汲んだり、魚を釣っていたそうだ。宮殿の一番奥にはメドゥーサの顔が2体横たわる。巨大なメドゥーサの首も、1984年の大改修で底に残された2mに及ぶ泥が取り除かれ、初めて発見されたものだ。

地球の歩き方からのオススメ情報

住所

Yerebatan Cad. No.13

TEL

(0212)522 1259※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
トルコへの電話のかけ方をご参照ください。

FAX

(0212)512 1570

開館時間

9:00~18:30

所要時間

30分

定休日

無休

料金

10TL

中東 の海外航空券

イスタンブールのおすすめツアー

イスタンブールの現地ツアー

イスタンブールのおすすめホテル