海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > スペイン > マドリード > 観光スポット > セゴビア

スペインセゴビアSegovia

マドリードイメージ

マドリッドから北西へ約95km、グアダラマ山脈の北側に位置するセゴビアは、独特の景観で知られる。カスティーリャ地方の寂寞とした風景が広がるなか、標高1002mの船形をした岩山の上に旧市街はある。周囲はふたつの川によって深く切り立ち、天然の要塞として古くから栄えてきた。町には今も、ローマ時代の人々が築いた水道橋が、堂々とした姿でそびえる。
1474年には後にレコンキスタを完了しスペイン統一を果たしたイサベル女王がマヨール広場で載冠式を行い、また1570年にはフェリペ4世がアルカサルで結婚式を挙げるなど、スペインの歴史の表舞台にしばしば登場してきた。中世以来変わっていないような街路を歩き、優美なカテドラルを仰ぎ見たり、点在するロマネスク様式の教会を巡ったり、あるいは名物の子豚の丸焼きを食べるだけでも、セゴビアに足を運ぶ価値がある。

地球の歩き方からのオススメ情報

交通アクセス

【列車】高速列車を利用する場合はチャマルティン駅から約30分、€12.90~31.40、毎時1~2便。またはアトーチャ駅発の普通列車でセゴビア駅まで約2時間、€8.25、1日2~5便
【バス】マドリッドのモンクロア・バスターミナルからLa Sepulvedana社のバスで55分~1時間50分、€7.91、月~金は15~30分おき、土日祝は30分~1時間おきに運行。アビラから1時間、月~金5便、土日祝2便

マドリード の海外航空券

マドリードのおすすめツアー

マドリードの現地ツアー

マドリードのおすすめホテル