海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > イタリア > ローマ > 観光スポット > コロッセオ/アンフィテアトロ・フラヴィオ

イタリアコロッセオ/アンフィテアトロ・フラヴィオColosseo/Anfiteatro Flavio

ローマイメージ

ローマを言い表す12世紀末の有名な言葉がある。「コロッセオがある限り、ローマも存在するだろう。コロッセオが崩れるとき、ローマも終わりとなろう。が、ローマが終わるときは、世界の終わりだ」それからおよそ800年以上もの歳月が流れたが、幸いにしてコロッセオ Colosseoは今も建ち、ローマも世界も健在である。
4階からなる外側は、下の層からドーリス、イオニア、コリント式の柱で飾られ、内部には観客席が身分性別によって仕切られていた。競技場の床部分は失われてしまったので、現在は地下の構造がよく見える。
地下には、猛獣の檻や器材や道具置き場のほか、セットや人物の移動のための大掛かりな舞台装置もあった。また、コロッセオは後には迫害時代に殉教したキリスト教徒たちを祀る場となったので、毎年復活祭の前の聖金曜日には殉教者を祈念してコロッセオから法王の待つパラティーノまで「キリスト13留」の行列が進むしきたりになっている。
コロッセオはヴェスパシアヌス帝の命で72年に建設が始められ、その息子ティトゥス帝の時代に完成した。皇帝の家名を取って、当時はフラヴィオの円形劇場 Anfiteatro Flavioと呼ばれ、直径188m・短径156m・周囲527m・高さ57m・5万人収容という、文字通り巨大(コロッサーレ)な建築物であった。もっとも、名の由来はここにネロ帝の巨像(コロッソ)があったからだともいわれている。コロッセオができる前、ここはネロ帝の黄金宮殿(ドムス・アウレア)の一部だったからだ。
落成の折には、剣闘士や猛獣の殺し合いをはじめとする催しが100日間も続いたという。こうした見世物を提供して庶民の人気を稼ぎ、社会に山積する問題から目をそらさせることは、当時の支配者の重要な政策のひとつでもあった。
キリスト教の公認後、これらの血なまぐさい見世物はしだいに下火になり、6世紀の半ばに廃止された。例に漏れずコロッセオも格好な建築資材の提供の場となり、表面を飾っていた大理石や上階部分の石材が持ち去られてしまった。

地球の歩き方からのオススメ情報

住所

Piazza del Colosseo

交通アクセス

地下鉄B線コロッセオColosseo下車

TEL

06-39967700(予約)、06-7740091※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
イタリアへの電話のかけ方をご参照ください。

開館時間

8:30~日没の1時間前(季節により異なる)

定休日

1/1、12/25

料金

€12(特別展により料金変更の場合あり)(パラティーノの丘、フォロ・ロマーノと共通。2日間有効)、18歳以下無料

ローマ の海外航空券

ローマの現地ツアー

ローマのおすすめホテル