海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > スペイン > セビーリャ > 観光スポット > カテドラル(大聖堂)とヒラルダの塔

スペインカテドラル(大聖堂)とヒラルダの塔Catedral y Giralda

セビーリャイメージ

「後世の人々が我々を正気の沙汰ではないと思うほど巨大な聖堂を建てよう」。1401年に開かれた教会参事会の決定により、モスクの跡地に建設を開始。約1世紀後の1519年に完成した。スペイン最大、またヨーロッパの聖堂としてはローマのサン・ピエトロ寺院、ロンドンのセント・ポール寺院に次ぐ規模を誇る。奥行き116m、幅76m。その幅広い特異な形はモスクの名残だという。
内部には、聖霊の降臨を表すステンドグラス、アルフォンソ5世の墓がある王室礼拝堂、15世紀の聖歌隊席、内陣の聖書の場面が彫刻された黄金色の木製祭壇など、見どころがいっぱい。コロンブスの墓は、当時スペインを構成したレオン、カスティーリャ、ナバーラ、アラゴンの4人の国王が柩をかついでいる。またサン・アントニオ礼拝堂にはムリーリョの『サン・アントニオの礼拝』、サン・ペドロ礼拝堂にはスルバランの『無原罪のお宿り』、聖具室にはゴヤやスルバランの絵画もあり、じっくり見ていると時間のたつのも忘れてしまう。
高さ97mのヒラルダの塔は、12世紀末にモスクのミナレット(尖塔)として建設され、16世紀にプラテレスコ様式の鐘楼が付け加えられた。下から仰ぎ見れば小さく見える先端も、高さ4m、重さ1288kgもあり、風を受けるとこのブロンズ製の像が回転するというから驚く。ヒラルダ(風見)と呼ばれるゆえんだ。高さ70mの展望台からセビーリャの町を一望するのもよし、これから訪ねる観光ポイントの位置確認にも役立つだろう。

TEL
95-4214971※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
スペインへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
11:00~17:00(月~15:30、日14:30~18:00)
料金
€9、学割€4

地球の歩き方からのオススメ情報

カテドラル(大聖堂)とヒラルダの塔の口コミ

セビーリャのカテドラル

評価 ★★★★★

スペイン最大のカテドラルとのことですが、実際、とてつもなく大きかっ...

続きを見る

カテドラル(大聖堂)とヒラルダの塔の口コミ一覧

セビーリャのおすすめホテル

スペイン の海外航空券

セビーリャのおすすめツアー

あなたにおすすめの記事

セビーリャの現地ツアー