海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 中南米 > ボリビア > ビザ・パスポート・入出国

ボリビアボリビアのビザ・パスポート・入出国

地球の歩き方がボリビアのビザ・税関・検疫・予防接種などをご案内。ボリビアへ渡航する際、ビザが必要か不要か、ビザの種類や申請方法、パスポートの残存有効期間についてなど、渡航する際の注意事項や、入出国に関するお役立ち情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




入出国とビザ

【ビザ】観光目的ならビザは不要。
1回の滞在期間は30日までで、90日まで延長が可能。延長料と申請代は入国から90日まで無料。申請はラ・パス、サンタ・クルス、コチャバンバ、オルーロ、ポトシなどの入国管理事務所へ。また、ペルーのユングーヨ、デサグアデーロなど国境の町に一度出て翌日再入国すれば、無料で再び30日の滞在許可がもらえる。ただし、90日までの延長は1年に一度しかできず、たとえ再入国しても、累計90日以上の滞在はできない。

【入出国手続き】飛行機で入国する場合は、機内で配られた入出国カードに必要事項を記入。入国審査では入出国カードを提出し、簡単な質問のあとカードの半券(出国カード)が返されパスポートに入国スタンプを押してくれる。
ラ・パスの空港では、機内に預けた荷物を受け取ったら、入国の税関審査で申告書を提出。審査はいたって簡単で、中身をチェックされることはまずない。
一方、出国のチェックは実に厳しい。ボリビアはペルーと並ぶコカの葉の生産国のためである。出国カードとパスポートを航空会社のカウンターに提示する際に、荷物の中に持ち出し禁止品を入れていないか、危険物はないかなどを質問される。質問は英語とスペイン語のどちらか。機内荷物を預けたらボディチェックと手荷物チェックがある。なお、出国カードは回収される。

【パスポート】パスポートの残存有効期間はボリビア出国時に6ヵ月以上必要。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際の注意】
◆ESTA(エスタ)
ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得しなければならない。申請は渡航の72時間前までに、ESTA専用のウェブサイト( https://esta.cbp.dhs.gov/ )から行う。日本語の手続きの案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をローマ字で入力する。料金は有料で$14。アメリカン・エキスプレス、マスター、ビザなどのクレジットカード、またはデビッドカードで決済する。

予防接種

【黄熱病予防接種証明書】
2015年10月現在、日本人旅行者のボリビア入国には、ボリビア政府が定める黄熱危険地域でのみ、発行後10日以上が経過した黄熱病予防接種証明書(イエローカード)の提示が必要となっている。日本では各都市の検疫所などで黄熱病予防接種が受けられる。
黄熱病危険地域は以下の地域、チュキサカ県の一部、ラ・パス県の一部、コチャバンバ県の一部、タリハ県の一部、サンタ・クルス県(アンドレス・イバネス・ワルネス郡およびフロリダ郡を除く全地域)、ベニ県全地域、パンド県全地域。

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは

おすすめ旅行用品

中南米 の海外航空券

ボリビアのツアー最安値

ボリビアの現地ツアー

ボリビアのおすすめホテル

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■海外 のお金情報・お金事情

中南米にもどる