海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 中南米 > ブラジル > ビザ・パスポート・入出国

ブラジルブラジルのビザ・パスポート・入出国

地球の歩き方がブラジルのビザ・税関・検疫・予防接種などをご案内。ブラジルへ渡航する際、ビザが必要か不要か、ビザの種類や申請方法、パスポートの残存有効期間についてなど、渡航する際の注意事項や、入出国に関するお役立ち情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




入出国とビザ

【ビザ】2019年6月17日以降、ブラジル出入国時に有効なパスポートを持参の上、90日以内の観光、商用、通過(トランジット)、芸術・スポーツ等の各種イベントへの参加を目的とした訪問者は、ビザは不要。

滞在期間を延長する場合は、最寄りの連邦警察(Policia Federal)にて延長手続きをすることによって、さらに90日間の延長可能。ただし、滞在合計日数は過去12ヶ月間に180日を超えてはならない。

【パスポート】見開きで2ページ以上の余白があるもの。

【入出国】ブラジル到着前に機内で配られるブラジルの入出国カードに必要事項を記入する。税関申告書はない。なお、入出国カードは事前にブラジル連邦警察のウエブサイトからダウンロードもできる。
ブラジルに到着したら、記入済みの入出国カードとパスポートを入国審査官に提出し、入国審査を受ける。終わると出国用の右半分を切り取って返してくれるので出国まで保管しよう。
出国は各航空会社のカウンターでチェックインし、荷物を預けて搭乗券を受け取る。ゲートを確認し、セキュリティチェックを受けてから出国審査へ。この際に入出国カードを提出する。チェックインから搭乗手続きまでにはかなりの時間を要するので、少なくとも出発の3時間前には空港に着くようにしたい。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際の注意】
◆ESTA(エスタ)
ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得しなければならない。申請は渡航の72時間前までに、ESTA専用のウェブサイト( https://esta.cbp.dhs.gov/ )から行う。日本語の手続きの案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をローマ字で入力する。料金は有料で$14。アメリカン・エキスプレス、マスター、ビザなどのクレジットカード、またはデビッドカードで決済する。

入国手順

【南米入国】

(1)入出国カードの記入
 南米へ入国する前に、まずは経由地(アメリカなど)での入出国手続きが必要になる。その後南米へ空路で入国する場合は、機内で南米訪問国の入出国カードが配られるので、着陸する前に記入を済ませておく。このとき税関申告書も配られるので一緒に記入する。詳しくは各国のジェネラルインフォメーションを参照のこと。陸路の場合は管理事務所に備え付けの出入国カードを記入する。

(2)入国審査
 空港なら順路に従って入国係官のいるカウンターへ。陸路なら国境の出入国管理事務所へ。係官の前に立ったら、パスポートと入国カードなどを提出する。ビザの必要な国はパスポートのビザ欄をチェックされる。
 指紋や顔写真を撮られる経由地のアメリカでの入国審査に比べれば、南米の入国審査は、渡航目的や滞在日数を聞かれることがあるものの、それほど厳しくはない。また空路入国の際、多くの国で出国用航空券の提示を求められる。これを終えるとパスポートに入国のスタンプが押されて返却される。

(3)税関審査
 入国審査が終了したら、バゲージクレームへ。搭乗前に預けた荷物をターンテーブルからピックアップし、税関審査のカウンターへ。税関申告書のある国は、機内で記入した税関申告書を提出し、指示があれば荷物を開けて見せる。カウンターでボタンを押し、点滅した信号の色で荷物チェックをするかしないかを決める国もある。これでようやく空港ロビーへ出られ、旅の第一歩が始まる。

入国書類の概要

【入出国カードと税関申告書】
 アメリカの税関申告書は、通常、日本からの飛行機では日本語様式がある。乗り継ぎの場合、4の「米国における滞在・居住先の住所」の欄には「Transit to 目的地(ブラジルならBrazil)」と記入。アメリカで1泊する場合はホテル名を記入。8の「渡米に先立って訪れた国」に関しては、なければ記入しなくてもよい。10番以降はよく読んで質問に答えよう。

入国カード

入国カード
↑申告する物があれば裏面に記入する

出国にあたって

【南米出国と日本帰国】

 各航空会社のカウンターでパスポートとeチケットを見せて搭乗券を受け取る。受託手荷物はここで預ける。麻薬の取り締まりの厳しい国(ベネズエラ、コロンビア、ボリビアなど)では、何時何分にどこで荷物をパッキングしたか、など質問される場合も。したがって時間に余裕をもって行くこと。出発の2時間前には空港に着くようにしよう。その後、出発ゲートで出国審査を受ける。入国時に出国用の半券を渡された場合は、出国審査の際に提出。それ以外は係官にパスポートのみを提出し、出国スタンプを押してもらう。

 アメリカ経由で日本へ帰る場合、再度アメリカで入国審査がある。日本からアメリカに入国する場合と同じだが、帰りは自動入国審査端末(APC)が利用でき、時間が短縮される(設置されていない空港では、通常の対面式で入国手続きをする)。ESTAは一度取得すれば有効期間内なら何度でも入国できるため、改めて取得手続きをする必要はない。

 日本に到着したら、まず検疫を通過する。体調の悪い人は検疫のオフィスへ出頭して相談すること。次に入国審査を受け、受託手荷物をピックアップして、税関で審査を受ける。

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは
■海外旅行中のスマホ利用 これだけ知っておけばOK

ブラジル の海外航空券

ブラジルのツアー最安値

ブラジルの現地ツアー

ブラジルのおすすめホテル

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■海外 のお金情報・お金事情

中南米にもどる