海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 中南米 > ペルー > 通貨・為替レート

ペルーペルーの通貨・為替レート

ペルー

地球の歩き方がペルーの通貨や為替レート、税金などをご案内。ペルーで使われている通貨単位や紙幣・コインの種類、両替の方法に税率など、お金に関するお役立ち情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




通貨と為替レート

ペルーの通貨はソルSol(複数形の場合はソーレスSoles)。略号はS/.。ソルの下にセンティモCentimoがあり、100Centimos=S/.1。ソル紙幣はS/.10、20、50、100、200があり、コインはS/.1、2、5と10、20、50Centimosがある。新デザインの紙幣やコインも流通している。2015年11月15日現在US$1=S./3.3=122円。
自国通貨ソルとともに、USドルも流通しており、ホテルなど観光客の利用するところではそのまま使用できるケースが多い。ソルからドルへのレート換算は、端数が切り捨てになるためやや不利。

※ペルーの通貨 ヌエボ・ソルからソルへ
ペルーの通貨は2015年12月15日に、それまで21年間流通していたヌエボ・ソルNuevo SolからソルSolに変更となった。2016年より順次、流通予定。今までのヌエボ・ソルも使用できる。

通貨と為替レート

両替

【両替】両替は両替所(カサ・デ・カンビオCasa de Cambio)か銀行(バンコBanco)、またはホテルでできる。路上での両替も一般的に行われており、銀行より若干レートがいいが、電卓のメモリー機能を操作してごまかされたり、ニセ札を渡されたりするトラブルも多いので、緊急時以外は避けたほうがいいだろう。
日本から用意していくお金はUSドルの現金がベスト。日本円を扱う銀行や両替所はほぼなく、両替できてもレートが悪い。破れた紙幣は受け取ってもらえないことがあるので注意。
トラベラーズチェック(T/C)での両替は、レートも悪く、また取り扱う場所も限られているのでおすすめできない。一部のホテルや旅行会社での支払いとして使えるが、コミッションが必要な場合もある。T/Cを現金に替えるには、約7%の手数料をとられる。

【クレジットカード】高級ホテルやレストラン、みやげ物店など観光客の利用する場所ではクレジットカードが使えるが、安宿、食堂などでは利用できない。ペルー国内ではVISAが最も流通している。リマなどの都市部なら空港や町なかにATMがあり、ソル、またはUSドルの現金を引き出せる。

税金

ペルーでは商品の代金にIGVと呼ばれる18%の付加価値税と、IPMと呼ばれる2%の地方促進税がかかる。ホテルの宿泊料にかかる18%に関しては、海外からの旅行者は免除される。

単位

日本の度量衡と同じで距離はメートル法、重さはグラム、キロ、液体はリットル。

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■海外 のお金情報・お金事情

おすすめ旅行用品

中南米 の海外航空券

ペルーのツアー最安値

ペルーの現地ツアー

ペルーのおすすめホテル

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは


中南米にもどる

特集&トピック