海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 北米 > アメリカ > 現地時間・時差

アメリカアメリカの現地時間・時差

地球の歩き方がアメリカの現地時間・時差の情報をご案内。アメリカと日本の時差や日本時間からの計算方法、サマータイムの有無や期間など、アメリカの時間に関するお役立ち情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




アメリカの時差・現在時刻

ニューヨーク:-14時間

シカゴ:-15時間

デンバー:-16時間

ロスアンゼルス:-17時間

(通常の時間差。サマータイムは『時差とサマータイム』参照) ※現在時刻は24時間表記です。

時差とサマータイム

アメリカ本土内には4つの時間帯がある。太平洋標準時 Pacific Standard Time(ロスアンゼルスなど)は日本時間マイナス17時間、山岳部標準時 Mountain Standard Time(デンバーなど)はマイナス16時間、中部標準時 Central Standard Time(シカゴなど)はマイナス15時間、東部標準時 Eastern Standard Time(ニューヨークなど)はマイナス14時間。夏はデイライト・セービング・タイム(夏時間)を採用し、1時間時計の針を進める州がほとんど。その場合、日本との時差は1時間短くなる。ただし、アリゾナ州、ハワイ州では夏時間は採用されていないので要注意。
夏時間を取り入れる期間は、3月第2日曜から、11月第1日曜まで。移動日に当たる場合、タイムスケジュールに十分注意する必要がある。

おすすめ旅行用品

アメリカ の海外航空券

アメリカのツアー最安値

アメリカの現地ツアー

アメリカのおすすめホテル

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■アメリカ のお金情報・お金事情

成功するアメリカ留学

ビジネス、エンターテイメントで常に世界の中心にあるアメリカ。リゾート気分を楽しめる西海岸、劇場や美術館がいっぱいでアメリカンカルチャーに浸れる東海岸など、その都市によって表情が大きく違う。勉強と旅行、両方楽しんでアメリカのスケールの大きさを実感しよう。世界各国から多くの留学生を受け入れており、語学学校、コミュニティカレッジ、大学、大学院まで、幅広い教育機関がオープンに外国人を受け入れている。

1週間からOK!アメリカ短期留学アメリカの語学学校をチェックアメリカ記事(留学blog)アメリカ留学の体験談


北米にもどる

特集&トピック