海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > インドネシア > 概要

インドネシア
概要

旅行ガイドの地球の歩き方がインドネシアの観光・イベント情報をご紹介。インドネシアの人口や首都、宗教といったインドネシアへの航空券やホテル予約、各種チケットなどの購入にもご活用ください。

インドネシア

メール プリント もっと見る

インドネシアインドネシアの概要

インドネシア
国名 インドネシア

→インドネシアの都市一覧へ
正式国名 インドネシア共和国
Republic of Indonesia
国旗 紅白旗
国歌 インドネシア・ラヤ Indonesia Raya
面積 約190万4569km2(日本の約5倍)
人口 約2億4882万人(2013年)
首都 ジャカルタ Jakarta
元首 ジョコ・ウィドド大統領
政体 立憲共和制。代議制の選出により大統領が統治を行う(大統領は2004年より国民の直接選出制となっている)。
民族構成 ジャワ人、スンダ人、バタッ人など大多数がマレー系住民。そのほか中国系やパプア系住民などが居住している。
宗教 イスラム教87%、プロテスタント6%、カトリック4%、ヒンドゥー教約1%、仏教約1%。

ピックアップ! インドネシア インドネシアの概要情報

次の項目>>インドネシアの通貨・為替レート・両替・チップ

→国情報・画像の無断転載を禁じます。利用を希望される際はコチラからお問い合わせください

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは

インドネシア 旅行記

ロンドンオリンピックさん

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

インドネシアのバリ島が「バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム」として2012年世界遺産に…

[旅行時期]
2016-06-08
[期間]
7日間
[訪問都市]
愛知県|常滑市|インドネシア|ジャカルタ|インドネシア|バリ島

NatsuKさん

バリ島で女子力を高める旅!4泊6日でレギャン・ウブドを満喫♪

ケチャ、伝統衣装体験、バリ舞踊鑑賞、雑貨ショッピング、車チャーターでお寺巡り♪

[旅行時期]
2014-08-10
[期間]
6日間
[訪問都市]
インドネシア|ウブド(バリ島)

hirocatさん

バリ島(バイクと体験ダイビング)

現地ツアーとレンタルバイクを組み合わせたフリーのバイク旅

[旅行時期]
2016-04-30
[期間]
9日間
[訪問都市]
インドネシア|バリ島|デンパサール(バリ島)|インドネシア|デンパサール(バリ島)|インドネシア

くによこさん

やっと行けるバリ島withぶたちゃん

小学生の頃から「新婚旅行はバリ島」と決めていた。。。去年新婚旅行へ行ったけれど・・・。 沐浴します。ムルカット~。リボー…

[旅行時期]
2016-06-15
[期間]
5日間
[訪問都市]
東京都|大田区|シンガポール|シンガポール|インドネシア|バリ島

→インドネシアの旅行記一覧へ

インドネシア最新記事

バリ島で訪れたいお寺/ウルンダヌ・ブラタン寺院

バリ島で最もフォトジェニックなお寺と言ったら、ブドゥグル地域のウルンダヌ・ブラタン寺院です。名前が似ているけどキンタマーニ高原のウルンダヌ・バトゥール寺院ではありません。インドネシアのコマーシ…

バリ島で訪れたいお寺/ブサキ寺院

バリ島の総本山、ブサキ寺院。ブサキ寺院を書かないわけにはいかないのですが、単純に観光地として訪れる場所、ではないことを書いてみたいと思います。バリ島のヒンドゥー今日のお寺は寺の誕生祭(オダラン…

ローカルの昼飯

バリ島も物価が上がって、生活にお金がかかりますが、ローカルの人々の生活、特に食生活は日本と比べたら、やっぱり安いと思います。今日はローカルワルンでナシチャンプルをブンクス(お持ち帰り)してきま…

カユマニス・レスト、グランドオープン!

オープン当時以来、世界中のゲストから愛されているカユマニスグループの宿泊施設。カユマニスとはシナモンの意味ですが、インドネシアの伝統的な要素を現代的なモダン要素とコラボレーションした素敵なヴィ…

インドネシアのホテル

前へ 次へ

インドネシアのホテルをさらに探す


地球の歩き方では旅行ガイドブックと合わせて、インドネシアの人口や首都、宗教等といった基本情報を、観光・イベント情報としてこのサイトに掲載しております。実際にインドネシアへ旅行に行った際に、現地でわからないことがあれば、ぜひ海外からもアクセスしてみてください。その場で必要な最新ガイドをクチコミや特派員の情報から探すこともできます!

アジアにもどる

特集&トピック