地球の歩き方

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > ミャンマー旅行ガイド(観光・イベント情報)

ミャンマー
旅行ガイド(観光・イベント情報)

旅行ガイドの地球の歩き方がミャンマーの観光・イベント情報をご紹介。ミャンマーの人口や首都、宗教といったミャンマーへの航空券やホテル予約、各種チケットなどの購入にもご活用ください。

ミャンマー

メール プリント もっと見る

ミャンマー 旅行・観光ガイド

ミャンマーへ旅行を考えている方向けジャンル別最新観光情報はこちら

  • 料理・グルメ
  • お土産・お買い物
  • おすすめ情報
  • 鉄道・バス・地下鉄
  • 観光地情報
  • 世界遺産・美術館巡り
ミャンマー
ミャンマー

1989年に現在の国名に改称されるまでは「ビルマ」と呼ばれていたミャンマー。1962年にネ・ウィン将軍率いる軍事クーデターが発生し、その後は「ビルマ式社会主義」を標榜して鎖国に近い状態が長く続いた。その間国内各地で独立や自治を求める少数民族との戦闘が続き、自由や民主化を求める暴動も度々起こり、経済も低迷した。現在は少数民族組織との停戦や講和が進み、検閲制度も廃止されるなど改革開放が進み、大きな転機を迎えつつある。

ミャンマーミャンマーの概要

国名 ミャンマー

→ミャンマーの都市一覧へ
正式国名 ミャンマー連邦共和国 Republic of the Union of Myanmar
国歌 我、ミャンマーを愛さん
面積 約67万8500km2(日本の約1.8倍)
人口 6242万人(2011年IMF推計値)
首都 ネーピードー Naypyidaw
(2006年10月にヤンゴンより遷都)
元首 テイン・セイン大統領(2011年3月就任、任期5年)
政体 大統領制、共和制
民族構成 ビルマ族約70%、シャン族8.5%、カレン族6.2%、ラカイン族4%、華人3.6%、モン族2%、インド人2%など。現政権の発表によれば、国内には135の民族が居住している。
宗教 国民の85%が仏教徒(南方上座部仏教。ただし華人の大乗仏教徒もいる)、キリスト教徒4.9%(特に山岳地帯の少数民族には、20世紀初頭に入り込んだ宣教師によってキリスト教が広められた)。そのほかイスラム教4%、ヒンドゥー教、アニミズムなど。

次の項目>>ミャンマーの通貨・為替レート・両替・チップ

→国情報の利用を希望される際はコチラからお問い合わせください

ミャンマー 旅行記

よくちゃんさん

4人連れてミャンマー再訪問と・・・

昨年の単独ミャンマー訪問話に触発された4人と1年半がかりコツコツ貯めて実現した旅行

[旅行時期]
2013-11-12
[期間]
8日間
[訪問都市]
タイ|バンコク|ミャンマー|チャイティーヨ|ミャンマー|ヤンゴン

mmさん

ミャンマー行ってみた

気球は飛んでいなかった(-.-)

[旅行時期]
2013-04-01
[期間]
6日間
[訪問都市]
ミャンマー|ヤンゴン|ミャンマー|バガン

さすらいの旅人マーさん

2012年10月海外24:ミャンマー3都市周遊:②バガン編

全体編未紹介の写真

[旅行時期]
2012-10-14
[期間]
3日間
[訪問都市]
ミャンマー|バガン

さすらいの旅人マーさん

2012年10月海外24:ミャンマー3都市周遊:①バガン編

遺跡の街のバガンの風景を紹介:2012年10月13日~16日(名古屋出発→ハノイ→ヤンゴン⇒バガン)

[旅行時期]
2012-10-13
[期間]
9日間
[訪問都市]
ミャンマー|バガン

→ミャンマーの旅行記一覧へ

ミャンマー ツアー最安値


2014/4/24更新

アジア 航空券情報


ミャンマー最新記事

現地一押しのバガンでいちばん眺めの良いパゴダとは!?

バガンの魅力のひとつに、パゴダの楼上からの景色がきれいだというのがあります。 どこまでも青い空、乾期には3週間も雲一つ出ずにずっと晴れ渡る日々が続くこともあります。連日美しい朝日と夕日が見られ、…

政府系航空会社vs新規LCCvs激寒激速夜行バス

外国人観光客がミャンマー国内を移動する際、通常は飛行機かバス、船などを利用しますが、ヤンゴンからバガンに行く場合は飛行機かバスを使うことになります。 ところが飛行機は財閥系の航空会社のチケットが…

バガンで唯一!?パゴダビューのバスルーム

遺跡観光で賑わっているバガンですが、遺跡保護の観点から建築制限は非常に厳しく、これがかえってバガンの景観を美しいものにしています。 このためパゴダが眺められるホテルは少なく、さらに客室からパゴダ…

バガンの表通りと裏通り

最後のフロンティア・ミャンマーを象徴する観光地バガンには大勢の外国人が訪れています。民主化以前はバックパッカーが多かったこの地にも、いまや世界中から団体ツアーが組まれるまでになりました。 メイン…

ミャンマー クチコミ

マンダレー国際空港

ミャンマー マンダレーの女性日本語ガイドに騙されないように気をつけてく…

  • ★★★☆☆
  • 投稿日:14/01/12
  • Norinmasaさん

ミャンマー マンダレーの女性日本語ガイドに騙されないように気をつけてください。 昨年、マンダレーに訪問した際、現地旅行会社にレンタカーと日本語の女性ガイドを手配してもら…

ニューヤンゴンホテル

新しいホテル

  • ★★★★☆
  • 投稿日:14/01/05
  • Blackbirdsingingさん

オープンしてそれほど時間が経っていないようで、設備全体が新しい。従業員の教育もきちんとなされているようで、非常に心地いい。値段が高いのと、シャワーの水はけがかなり悪い…

ゲンキマッサージ

旅の疲れを癒しましょう

  • ★★★★★
  • 投稿日:14/01/05
  • Blackbirdsingingさん

歩き方に掲載されているゲンキーマッサージはさくらタワーにあるが、こちらはもうひとつの店。全身マッサージ45分5000K、60分6000K、90分9000Kとさくらタワー店より安い。他のアジ…

シュエダゴンパゴダ

シェダゴンパゴダ近くでマネーチェンジャー始めました!円の両替も可能!…

  • ★★★★★
  • 投稿日:13/12/30
  • yangon moneychangerさん

ヤンゴン在住小野里ともうします。10月からライセンスをパートナーと取得して、シェゴンダインのユザナタワーでマネーチェンジャーを始めました! 旅行者の方々からよく「円の両…

→ミャンマーのクチコミ一覧へ

ミャンマーの人気ホテル

現在おすすめ出来るホテルがありません

ミャンマー 旅行・観光ガイド

ミャンマーへ旅行を考えている方向けジャンル別最新観光情報はこちら

  • 料理・グルメ
  • お土産・お買い物
  • おすすめ情報
  • 鉄道・バス・地下鉄
  • 観光地情報
  • 世界遺産・美術館巡り

地球の歩き方では旅行ガイドブックと合わせて、ミャンマーの人口や首都、宗教等といった基本情報を、観光・イベント情報としてこのサイトに掲載しております。実際にミャンマーへ旅行に行った際に、現地でわからないことがあれば、ぜひ海外からもアクセスしてみてください。その場で必要な最新ガイドをクチコミや特派員の情報から探すこともできます!


▲ページ上部へ戻る