海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 海外レンタカー・海外ドライブ情報 > ヨーロッパレンタカー・ドライブ情報 > ヨーロッパドライブコース

メール プリント もっと見る

ヨーロッパドライブコース

旅行にビジネスに留学に、ヨーロッパをより楽しむためのヨーロッパレンタカーのドライブコースをご紹介します。

ヨーロッパレンタカー基本情報

4. おすすめドライブルート

4-1.≪ロンドンからシェークスピアの里へ≫

イギリスの田園風景をのんびり走り、シェークスピアの生家があるストラト・フォード・アポン・エイボンを目指すドライブ。1日目は世界遺産バースの遺跡を見学しつつ、イギリスでもっとも美しいといわれる村が点在するコッツウォルズへ。2日目はアンティークショップをのぞいたり、アフタヌーンティを楽しんだり、好みの村に立ち寄ってみよう。3日目はいよいよシェークスピアゆかりの地へ向かう。時間があれば途中のブレナム宮殿やオックスフォードへも足を延ばしたい。

ルート1


おもな見どころ・遊びどころ

1.バース

バース
風呂の語源になったことでも有名な観光都市バースは、ゆっくりと徒歩で見学してみよう。アビー・チャーチ・ヤードからは毎日無料のウォーキングツアーが催行されるので、これに参加してみるのもよい。

2.ストラト・フォード・アポン・エイボン

ストラト・フォード・アポン・エイボン
シェイクスピアとその家族の家や生家などが残る。観光地ゆえ駐車違反の取締りも厳しいので注意しよう。

3.コッツウォルズ

コッツウォルズ
イギリス人に人気のある街、コッツウォルズ。ここは南北100km、東西50kmの丘陵地帯である。蜂蜜色のライムストーンで造られたマナーハウス、教会、コテージなど美しい建物が並ぶ「蜂蜜色の村々」をたずねてみよう。

4-2.≪レイル&ドライブで気軽に訪ねるモン・サン・ミッシェル≫

パリからTGVでレンヌまでは2時間。駅でレンタカーを借りて憧れのモン・サン・ミッシェルへ向かう。片道2時間の日帰り快適な日帰り旅行だ。ここは、海に浮かぶ城塞のような修道院。その荘厳で気高いたたずまいは世界遺産にも登録されている。この地方は海峡を隔ててイギリスに面しており、ケルトの文化を色濃く残すところでもある。時間があれば周辺の遺跡を訪ねるドライブもおすすめしたいところだ。牡蠣などの魚介が豊富なのも日本人には嬉しいところ。モン・サン・ミッシェル名物の巨大オムレツとともにグルメも満喫できる。

ルート2

おもな見どころ・遊びどころ

モン・サン・ミッシェル

モン・サン・ミッシェル モン・サン・ミッシェル
中世ここに修道院が築かれて以来、巡礼の地として栄えてきた。ドライブ中、修道院が彼方に見え隠れしてくると、自然と期待がふくらんでいく。

4-3.≪ミュンヘンから国境を越えてグラーツへ≫

ドイツから隣国オーストリアへの道はアルプスの麓を回りこむように走る風光明媚なルート。国境を越え、モーツァルトや『サウンド・オブ・ミュージック』ゆかりのザルツブルクで1泊。世界遺産にも登録されている古都グラーツへはオーストリアを横断するように走る。ゆっくり半日ほどのドライブで到着。旧市街は車を降りて歩いて楽しむといい。グラーツ周辺のシュタイヤマルク地方はワイン街道で有名なところ。地ワインをおみやげに買ってホテルでゆっくり楽しみたい。

ルート3

おもな見どころ・遊びどころ

1.ザルツブルグ

ザルツブルグ ザルツブルグ
ザルツブルグから20km離れると、湖水地帯ザルツカンマーグートに着く。ここは、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台となった場所。

2.グラーツ

グラーツ グラーツ
グラーツを州都とするシュタイヤマルク州は、知る人ぞ知るワインの産地。なだらかな丘と牧歌的な農家が点在する場所なので、車窓を見ているだけでも楽しい。ぶどう畑の美しさが最も映えるのは9月末から10月初旬。

ヨーロッパレンタカー基本情報

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

ヨーロッパ特派員ブログ最新記事

ナポリの絶景を臨むポジリポの…
17/06/24 23:39

イタリア/ナポリ特派員ブログ

ナポリの絶景を臨むポジリポの…
「ナポリを見て死ね」とはイタリア語で「Vedi Napoli e poi muori」ナポリを見… 続きを読む

ヨーロッパの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 >>ヨーロッパの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

旅のパーツを探す

損保ジャパンが提供するoff!は、インターネットから手軽に申し込めます。お得な上に補償内容も充実。