地球の歩き方ガイドブックトップ > 地球の歩き方BOOKS > 鶴と暮らす山里の「野鶴監視員」の物語

鶴と暮らす山里の「野鶴監視員」の物語
本州に唯一残されたナベヅル越冬地・山口県八代盆地に生きる

弘中 数實:著
定価:本体1,200円+税
発行年月: 2014年7月 取り扱い可能
判型/造本:46並製
頁数:192
ISBN:978-4-478-04626-5

鶴と暮らす山里の「野鶴監視員」の物語 をWebで買う


鶴と暮らす山里の「野鶴監視員」の物語 の内容紹介

「八代のツルの生字引」といわれた弘中数実が綴った、ツルと人と山里がおりなす共生のエッセイ集。

鶴と暮らす山里の「野鶴監視員」の物語 の詳細

山口県周南市八代(旧熊毛郡八代村)の八代盆地は、本州で唯一のナベヅルの越冬地であり、ナベヅルは国の天然記念物となっている。
八代では、江戸時代以来、村人が総出でナベヅルを守って明治政府に禁猟を陳情するなど、近代日本の自然保護運動発祥の地でもある。
この八代の農家の弘中数実は、子どものころからツルと親しみ、1961年の野鶴監視所(ナベヅル保護施設)開設から1996年まで、
35年間にわたりナベヅル保護に尽力してきた。
その弘中数実が、「忘れないうちに、過去のツルと私のかかわりについて書きとめておこう」と、まとめたのが本書である。
「ツルの生態は研究だけはわからない。私は、朝早くから夕方遅くまで、ツルの生活を毎日毎日、見つづけてきた。
調査や記録のほとんどは、みんな私の頭の中に写しこんできた。それらを忘れないうちに書き残すのは、私の責任のような気がする」
――古い記録から、新しい考え方まで、「八代のツルの生字引」といわれた弘中数実が綴った、ツルと人と山里がおりなす共生のエッセイ集である。

[著者]
弘中数實(ひろなか かずみ)
1920年~2013年。山口県周南市(旧熊毛郡八代村)の八代盆地に生まれ、93歳で亡くなるまで、農業のかたわら、
特別天然記念物「ナベヅル」の保護に尽力。「ツル守り/ツル番」と呼ばれた35年間の「野鶴監視員」としての功績は、
自然保護運動史上の大きな足跡となった。



地球の歩き方 編集部より

[an error occurred while processing this directive]