地球の歩き方ガイドブックトップ > 地球の歩き方BOOKS > 南米チリをサケ輸出大国に変えた日本人たち

南米チリをサケ輸出大国に変えた日本人たち
ゼロから産業を創出した国際協力の記録

細野昭雄:著
定価:本体1,500円+税
発行年月: 2010年7月 取り扱い可能
判型/造本:46変並製
頁数:192
ISBN:978-4-478-05994-4

南米チリをサケ輸出大国に変えた日本人たち をWebで買う


南米チリをサケ輸出大国に変えた日本人たち の内容紹介

「水産養殖産業の奇跡」といわれるチリのサケ産業。JICAによってチリに導入された日本の技術は現地の社会・経済をどう変えたのか

南米チリをサケ輸出大国に変えた日本人たち の詳細

日本が年間に消費するサーモンは約55万トン。このうち約3割をチリ産が占めるが、今から40年前にはチリにサケは生息していなかった。JICA(独立行政法人国際協力機構)の技術協力によって、今やノルウェーと1、2を争うサケの輸出国となっているチリ。
本書では「水産養殖産業の奇跡」といわれる日本チリ・サケプロジェクトの実態を1971年のスタート時から振り返り、当該プロジェクトが現地の社会・経済にどのような変革をもたらしたのかを明らかにしていく。



地球の歩き方 編集部より