地球の歩き方ガイドブックトップ > 地球の歩き方BOOKS > さんぽで感じる村上春樹

さんぽで感じる村上春樹

ナカムラ クニオ(6次元)/道前 宏子(6次元):著
定価:本体1,450円+税
発行年月: 2014年4月 取り扱い可能
判型/造本:46並製
頁数:128
ISBN:978-4-478-04569-5

さんぽで感じる村上春樹 をWebで買う


さんぽで感じる村上春樹 の内容紹介

村上春樹の小説は、五感で楽しむエンターテインメントです。「視角」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」の五感と、独特の言い回しによる語感を楽しむ「知のテーマパーク」なのです。

この本を持って実際に街を歩いて、「足で感じる文学」を楽しんでください。

さんぽで感じる村上春樹 の詳細

・「風の歌を聴け」さんぽ
 【神戸】村上春樹文学の源流を歩く

・「1973年のピンボール」さんぽ
 【三鷹】と【神戸】で失われた時間を探す

・「羊を巡る冒険」さんぽ
 【札幌】と【美深】のファンタジー世界へ 

・「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」さんぽ
 【新宿】【千駄ヶ谷】【青山】【日比谷】でSF的な冒険を楽しむ 

・「ノルウェイの森」さんぽ
 【四谷~駒込】【早稲田】【新宿】で愛と喪失感を味わう

・「ダンス・ダンス・ダンス」さんぽ
 【札幌】【青山~渋谷】【辻堂】の高度資本主義社会を歩く

・「国境の南、太陽の西」さんぽ
 【神戸】【青山】【箱根】で現実と非現実の境界をさまよう

・「ねじまき鳥クロニクル」さんぽ
 【世田谷】【品川】【銀座】【新宿】の異次元世界へ

・「スプートニクの恋人」さんぽ
 【国立】【吉祥寺】【新宿】【立川】中央線の旅を楽しむ

・「海辺のカフカ」さんぽ
 【高松】【坂出】【野方】カフカ少年の足跡をたどる旅

・「アフターダーク」さんぽ
 【渋谷】を舞台にした一夜の物語を体感する

・「1Q84」さんぽ
 【三軒茶屋】【渋谷】【新宿】【二俣尾】【千倉】【高円寺】
 青豆と天吾のパラレルワールド

・「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」さんぽ
 【名古屋】【青山】【新宿】で喪失と回復を味わう


予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。



地球の歩き方 編集部より