地球の歩き方ガイドブックトップ > 御朱印 > 御朱印でめぐる江戸・東京の古寺 改訂版

御朱印でめぐる江戸・東京の古寺 改訂版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,500円+税
発行年月: 2016年6月 取り扱い可能
判型/造本:A5変並製
頁数:128
ISBN:978-4-478-04919-8

御朱印でめぐる江戸・東京の古寺 改訂版 をWebで買う


御朱印でめぐる江戸・東京の古寺 改訂版 の内容紹介

お寺めぐりの魅力は伽藍や仏像だけでなく季節の花とおいしい料理、そして御朱印。書いてもらいながらお寺の由来、小話などの説明も聞ける、とってもありがたいものなのです。読み解き方や歴史、意味の解説はもちろん、お寺のGOODSエトセトラにも触れながら、あなたを江戸の御朱印のディープな世界にいざないます!

御朱印でめぐる江戸・東京の古寺 改訂版 の詳細

御朱印とは―― 平安時代に諸国の霊場を巡礼する時、有り難い経文を浄書写経したのもをお寺に納めて、自分や家族の無事息災を祈願した証しとして、お寺の宝印(朱印)を戴いて巡礼したことが始まり。「納経印」とも言われている。御朱印をいただいた朱印帳は、自分の命が尽きた時、お棺のなかに入れてもらうものです。

巡礼という観光の原点から始まった御朱印。古寺めぐりを通して、お寺の歴史、御朱印の正しいいただき方、そしてその解説と各寺のちょっとしたウンチクネタまで。名刹寺院に満ちた江戸・東京で御朱印を中心にした古寺社巡りを完全現地取材でご紹介します!

●江戸・東京御朱印めぐりマップ
江戸三十三観音めぐり、浅草名所七福神めぐり、「谷根千」古寺めぐり、江戸五色不動めぐり(各モデルコース付き)

●そもそも御朱印とは
・御朱印とは・読み方・基礎知識
・巡礼ファッション・御朱印アートなど

●江戸の代表的な古寺
・寛永寺、護国寺、、増上寺、浅草寺、待乳山聖天、長命寺、池上本願寺、西新井大師、浄真寺

●町並みも楽しむお寺さん
・深川不動、とげぬき地蔵尊、柴又帝釈天、徳大寺など

●地域に根づく江戸の名刹
・祐天寺、新井薬師、雑司ヶ谷鬼子母神など

●歴史を偲ぶ古刹めぐり
・武蔵国分寺、豪徳寺など

●花と緑を楽しむ古寺
・金剛寺、塩船観音寺、大悲願寺など
●コラム
・境内/周辺グルメ
・巡礼ひと休み(お土産etc.)
・御朱印帳コレクションなど
●江戸御朱印メグリスト
・江戸六地蔵めぐり、隅田川七福神めぐり、江戸十大祖師、多摩四国八十八ヵ所めぐり
(モデルコース付き)など
●イベントカレンダー・年間行事一覧表

予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。


[an error occurred while processing this directive]

地球の歩き方 編集部より