地球の歩き方ガイドブックトップ > GEM STONE > 南アフリカ自然紀行 野生動物とサファリの魅力

南アフリカ自然紀行 野生動物とサファリの魅力

山形豪
定価:本体1,800円+税
発行年月: 2010年4月 取り扱い可能
判型/造本:A5変並製
頁数:128
ISBN:978-4-478-07048-2

南アフリカ自然紀行 野生動物とサファリの魅力 をWebで買う


南アフリカ自然紀行 野生動物とサファリの魅力 の内容紹介

他に類をみないバラエティ豊かな自然環境をもち、多様性に富んだ生態系を有する南部アフリカ。この動物たちの姿と大自然の景観をお届けします!

南アフリカ自然紀行 野生動物とサファリの魅力 の詳細

当初は東アフリカのタンザニアに渡り、野生動物を撮り始めてそのキャリアを開始した動物写真家の山形豪氏。彼はなぜ南アフリカにフィールドを変えたのでしょうか?

それは、南アフリカが他に類をみないバラエティ豊かな自然環境をもち、それにともない植物約2万2000種、鳥類約800種、哺乳類247種、爬虫類・両生類約370種が生息するといわれるような多様性に富んだ生態系を有しており、古くから自然環境や動物保護の大切さを認識していた点に惹かれたからだといいます。また南アフリカの魅力は、観光・交通などのインフラが整い、旅行者のあらゆるニーズに応えてくれるところにあると山形氏は強調します。

確かにあるときは旅行者自らが車を運転してサファリを楽しみ、またあるときは超高級ロッジで夢のようなひとときを過ごすことができる。そしてケープタンをはじめとした都市にはヨーロッパにも引けをとらない美しい町並みと見どころが点在し、食においては有名な南アフリカワインも堪能することも可能です。

日本からは遠く、治安が悪いというネガティブなイメージはありますが、それをも凌駕する想像を絶するスケールの大自然や野生動物の営みをぜひ一度見て欲しい願いを込めて、この1冊を作りました。ぜひご覧ください。

■ 主要コンテンツ
南アフリカの野生動物/クルーガー国立公園とプライベート・ゲーム・リザーブ/グレーター・セントルシア湿原公園/カラハリ・トランスフロンティア公園/南アフリカの国立公園、自然保護区について/ケープタウン周辺の国立公園と大自然/南部アフリカ大自然レビュー/野生動物・野鳥ファイル


南アフリカ自然紀行 野生動物とサファリの魅力 を買った人はこんな商品も買っています

E10 地球の歩き方 南アフリカ 2016~2017
E10 地球の歩き方 南アフリカ 2016~2017
定価(税込):円
発行年月日:2016-03-19
頁数:432

地球の歩き方 編集部より