海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > シリーズ > ガイドブック A ヨーロッパ > 地球の歩き方 ガイドブック A11 ミラノ ヴェネツィアと湖水地方 2019年~2020年版

地球の歩き方 ガイドブック A11 ミラノ ヴェネツィアと湖水地方 2019年~2020年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,700円+税
発行年月: 2019年03月
判型/造本:A5変並製
頁数:424
ISBN:978-4-478-82310-1

ドロミテの山をハイキングし湖水地方では庭園巡り。ミラノとヴェネツィアでは芸術とグルメ三昧。北イタリア旅行必携の書

以下で購入する

地球の歩き方 ガイドブック A11 ミラノ ヴェネツィアと湖水地方 2019年~2020年版の内容紹介

ミラノ、ヴェネツィアを中心にイタリア北東部の魅力的な町を紹介。ミラノとヴェネツィアは、見どころのルートマップを使い詳細にご案内。湖水地方のリゾートとしての魅力をたっぷりと、ハイキングや山歩きのドロミテ情報も充実です。2つの特別自治州の個性的な町の人気が上昇中!

地球の歩き方 ガイドブック A11 ミラノ ヴェネツィアと湖水地方 2019年~2020年版の詳細

※今回の2019~2020年版には以下の内容が収録されています。

巻頭特集では、個性的な2つの町を紹介しています。
日本ではまだ馴染みの少ないイタリア東端の州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州。北にはプレアルプス山地を、南にはアドリア海を抱く、この小さな州で生産されるイタリア1おいしいと言われるサン・ダニエルの生ハムを町歩きとともに紹介しています。

ルネッサンスの芸術都市マントヴァにある、ヨーロッパでも指折りの壮大で豪奢なドゥカーレ宮殿。かつてのゴンザーガ家の居城であり、ルネッサンスの美的空間として特別な雰囲気に満ちています。マントヴァは、今はロンバルディアの農業地帯の中心として静かにその個性を保っていますが、ルネッサンスの栄光とおいしいマントヴァ料理を求めて訪ねたい町です。古き良きイタリアの面影もたっぷり残っています。

ドイツ語の飛び交う南チロル地方、話題のドロミテ地域の詳細、国境の町トリエステや美しき古都ウーディネなど、知られざる北東部イタリアの魅力的な町の紹介が満載です。

●特集●
1:イタリア最高級の生ハムを求めて、サン・ダニエレに行ってみよう!
プロシュッテリアとレストラン&町案内

2:美しきルネッサンス都市マントヴァで、ゴンザーガ家の物語をひも解く
美しくよみがえった、ドゥカーレ宮殿 ―最新!!案内- 
マントヴァの伝統的郷土料理を味わう

3:ミラノのスーパーで食材をget!!
日本で作れるイタリア料理を紹介

4:ミラノっ子のアルペンリゾート、ボルミオへ
レーティシュ鉄道、スキー、温泉を楽しむ

●本書掲載の主な都市、おすすめの町
【ロンバルディア州】
ミラノ、モンツァ、ベルガモ、ブレ―シャ、クレモナ、マントヴァ、サッビオネータ、パヴィア、パヴィア僧院、ボルミオ

【湖水地方】 
コモ湖 コモ、ベッラージオ、トレメッゾ、メナッジョ、チェルノッビオ マッジョーレ湖 ストレーザ、ボッロメオ諸島、パッランツァ オルタ湖 オルタ・サン・ジュリオ ルガーノ湖 ルガーノ、カンピオーネ・ディ・イタリア ガルダ湖 デセンツァーノ・デル・ガルダ、シルミオーネ、ガルドーネ・リヴィエラ

【ヴェネト州】
ヴェネツィア、ヴェローナ、パドヴァ、ヴィチェンツァ、バッサーノ・デル・グラッパ



※予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

以下で購入する

電子書籍もあります

状況によって配信している電子版が旧版の場合がありますので、年度表示にご注意ください。

おすすめの記事