海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > シリーズ > ガイドブック D アジア > 地球の歩き方 ガイドブック D04 大連 瀋陽 ハルビン 中国東北地方の自然と文化 2019年~2020年版

地球の歩き方 ガイドブック D04 大連 瀋陽 ハルビン 中国東北地方の自然と文化 2019年~2020年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,800円+税
発行年月: 2018年11月
判型/造本:A5変並製
頁数:352
ISBN:978-4-478-82252-4

ロシア、モンゴル、北朝鮮と国境を接するエキゾチックな魅力を徹底紹介。思ひ出の満洲も最先端のビジネスも東北地方の魅力です。

以下で購入する

地球の歩き方 ガイドブック D04 大連 瀋陽 ハルビン 中国東北地方の自然と文化 2019年~2020年版の内容紹介

近代建築の残る大連、清朝の古都瀋陽、北朝鮮国境の丹東、炭坑の撫順、理想都市長春、霧氷の吉林、高句麗遺跡の集安、聖なる山と湖の長白山、延辺朝鮮族の延吉、東方の小巴里ハルビン、中ロ国境の黒河や綏芬河、満洲里、牡丹江、草原を満喫したいフルンボイルを徹底掲載。

地球の歩き方 ガイドブック D04 大連 瀋陽 ハルビン 中国東北地方の自然と文化 2019年~2020年版の詳細

今回の2019~2020年版には以下の内容が収録されています。


●本書に掲載されている都市
【遼寧省】大連/瀋陽/撫順/丹東
【吉林省】長春/吉林/集安/長白山/延吉/図[イ門]
【黒龍江省】ハルビン/黒河/綏芬河/牡丹江
【内蒙古自治区】満洲里/フルンボイル

●本書に掲載されているおもな文化遺産
【大連】戦前の建築物が残る中山広場一帯/日露戦争の舞台となった203高地
【瀋陽】後金の王宮だった瀋陽故宮/清の太祖ヌルハチの陵墓である東陵
【延吉】朝鮮族の文化が息づく延吉市内
【集安】古代史の貴重な史料である好太王碑文
【長春】満洲帝国時代の建物が集まる長春市内
【ハルビン】ギリシア正教の教会である聖ソフィア教堂

●特集
ボーダーツーリズムのすすめ 黒龍江(アムール河)を渡ってロシアへ行こう/中国一のスキーリゾートは吉林にある/ハルビン、氷点下30度の絶景/内モンゴル 大草原の夏休み/満洲族のサマンの里を訪ねる

●コラム
旅順博物館/満鉄の廃駅を訪ねる/ヤマトホテル/無人コンビニ/満洲三大温泉/瀋陽の近代建築遺構/「鉄西区」の時代/ヌルハチと清朝の誕生/シェアサイクル/SHY48/鴨緑江絶景スポット/阿倍仲麻呂/満族剪紙作家工房/吉林の霧氷/映画『豆満江』の世界/高句麗の登場/延辺大学で2ヵ国語をマスター/延辺国境沿いドライブ/延辺からウラジオストクへ/ハルビン教会巡り/氷雪祭り/黒河からブラゴベシチェンスクへ/中国人とロシア人の国境観光/ハバロフスクから撫遠へ/渤海遺跡/ナダム(草原祭り)/内モンゴルのロシア族/東北地方の国際列車とバス/満蒙開拓団/モバイル決済

予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

以下で購入する

おすすめの記事