地球の歩き方ガイドブックトップ >  ヨーロッパ鉄道時刻表[日本語解説版]の使い方 >  ヨーロッパ鉄道時刻表[日本語解説版]とは

ヨーロッパ鉄道時刻表[日本語解説版]とは

更新:2017年6月 | 作成:2009年6月

European Rail Timetable社とは

2013年8月で休刊となった『トーマスクック・ヨーロッパ鉄道時刻表』の編集スタッフによって設立された会社。 2013年11月にトーマスクック社より時刻表事業を引き継ぎ、「European Rail Timetable」として2014年3月にヨーロッパ鉄道時刻表を発刊しました。

前身である『トーマスクック・ヨーロッパ鉄道時刻表』の初版発行は1873年3月。 当初は、初代クック氏が起業した鉄道団体旅行のサービスの一環および宣伝のため、 鉄道関係者や一般客に初号は無料で配布され、その後6月から季刊、さらに1883年1月より月刊となりました。


ヨーロッパ鉄道時刻表とは

『ヨーロッパ鉄道時刻表』は、ヨーロッパ全体の鉄道と船のダイヤをコンパクトにまとめた時刻表です。 言うまでもなく、各国のダイヤがすべて載っているわけではありません (そんなことをしたら、何千ページにもなってしまいます)が、編集部スタッフの経験と、 読者の方々からのお便りをもとに路線を厳選してありますので、旅行者に必要なほとんどの情報が網羅されています。

日本語版と原著(英語版)との違い

『ヨーロッパ鉄道時刻表』の原著(英語版)は毎月発行され、日本語版は6月、12月の年2回発行されています。 日本語版では、時刻表部分は原著をそのまま掲載し、記号の説明や読み方は解説ページを掲載しています。

また、巻頭には日本語版だけのオリジナル記事が加えられています。

ダイヤ改正について

ヨーロッパの国際列車やフランスなどの国では、6月の第2日曜日と12月の第2日曜日にダイヤ改正を行います。

ただ、国によっては他国とは異なる時期にダイヤを改正する場合があるので注意が必要です。 たとえば、イギリスは通常5月下旬から夏ダイヤを採用し、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、チェコ、スロヴァキアでは、夏冬の区別なく12月中旬に改正します。

時刻表の変更は、時期を問わず行われることがあり、多くの鉄道では不定期に改訂時刻表を発行しています。 また、国によっては情報の到着が遅れ、ダイヤ改正版に間に合わないこともあります。 そのときは、現地または英語版の翌月号で情報を確認してください。船のダイヤについても、不定期に改正が行われます。

掲載される列車について

人は様々な理由で旅します。余暇、ビジネス、観光、友人や親戚を訪ねるため、あるいは純粋に楽しみのために。 時刻表に掲載する列車を選ぶにあたって、多様なニーズにこたえる手っ取り早い方法はありません。当然のことながら、 主要都市間を結ぶ路線がまず選ばれますが、小さな町やローカル線になると、国や地域によって掲載されるか否かが左右されることになります。

一般的に、ツーリストがたくさん訪れる地域では、その他の地域に比べ、できるだけ多くの列車を載せています。 また、数年前より中央ヨーロッパ・東ヨーロッパの時刻表を大幅に拡大して掲載するようになりましたが、 それでも、西ヨーロッパと比べると、レベルに格段の差があります。

都市の近郊線のダイヤについては掲載していませんが、特に関心が高く、重要な路線については、簡単な解説と運行頻度、所要時間を示すようにしています。

国際列車/国別列車について

本書の時刻表は、国際列車時刻表(Table10-99)と、国別時刻表(Table100-1999)に分かれています。

国際列車の項は、主要な国際線のダイヤを載せていますが、 近接した2国間の時刻表については(スウェーデンのストックホルム〜ノルウェーのオスロ間、 ドイツのハンブルク〜デンマークのオーフス間など)、国別時刻表を使う必要があります。

該当する時刻表は、本書掲載の地名索引と国別時刻表の冒頭ページにある路線図から、 簡単に探すことができます。 国境を越えるローカル列車の時刻表については、国別時刻表にのみ掲載しています。

国際列車の多くは、一国内の区間のみ利用する乗客も運んでいるため、 国際列車時刻表のみならず、国別時刻表でも掲載するようにしています。

ただ、なかにはもともと国際間を結ぶ目的で運転されている列車もあり、その場合は、 国際列車の時刻表のみに掲載しています。たとえば、 ロンドン〜パリ/ブリュッセル間を結ぶ「ユーロスター」やパリ〜ブリュッセル間の列車、 またフランスやスペインとイタリアを結ぶ長距離列車の一部が該当します。

ヨーロッパ鉄道時刻表および本サイト掲載内容について

『ヨーロッパ鉄道時刻表』では正確な時刻表にするために、最新の情報に基づき、万全の注意を払っています。 しかし、時刻表は絶えず変わっており、幾分変更されたり、不正確な箇所があるかもしれません。 それによって旅行に不都合が生じても、European Rail Timetable社およびダイヤモンド・ビッグ社は責任を負いかねます。

また『ヨーロッパ鉄道時刻表[日本語解説版]』はEuropean Rail Timetable社の許可のもとに独占翻訳出版されました。 時刻表部分は原著をすべて掲載し、さらに日本語版のオリジナル記事として、情報ページを追加しています。 (企画制作:株式会社ダイヤモンド・ビッグ社

『ヨーロッパ鉄道時刻表[日本語解説版]』に掲載した時刻表その他の情報は、 関係諸機関の事情により、変更されることがあります。ご旅行前に、現地で確認されることをおすすめします。



ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部