海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP    >  お金ガイド    >  お金情報・お金事情    >  ハワイ    >  旅の予算「宿泊費」

ハワイの宿泊費


 宿泊も予算によってホテルだけでなく、さまざまな選択肢がある。ハワイで代表的なものは以下の通り。

【ユースホステル】
 ユースホステルに泊まるのが一番安い。ひとつの部屋に複数の宿泊客で泊まるドミトリー制が基本で、もっとも安く済ませる方法。バスルームだけを共同で使う個室の部屋があるところもある。

【B&B】
 イギリスが発祥のBed & Breakfast(B&B)は「寝るところと朝食」という意味で、ハワイにも点在する。料金はもちろん朝食込みの値段で、基本的にはホテルに泊まるより安い。オーナーが家の一室をホテル代わりに貸している、「民宿」タイプの宿だ。とはいえ、ハワイの家は日本と比べて大きく、プールやジャグジー付きも珍しくない。またB&Bによってはキッチンを利用できることもあるので、自炊したいときに便利。ただし、バスルームがほかの宿泊客と共同のシステムもある。バス・トイレ付きの部屋とそれぞれが付いていない部屋とで宿泊代がほとんど変わらない場合も多いので、事前に確認したい。

【アパートメント】
 アパートメントは基本的に月極め契約で借りるシステムだが、観光客向けに週貸しや日割りで貸しているところもある。短期滞在用のアパートには家具をはじめ洗濯機や電気器具、調理器具など、生活に必要なものがすべてそろっている。

【コンドミニアム】
 コンドミニアムの料金はピンキリ。Studio(1ルームタイプ)で150ドルくらい、1ベッドルームで220ドルくらいからあるが、部屋の広さや立地条件によって料金はさまざま。1泊から利用できるところが多いが、長期で借りるほど安くなる。

【ホテル】
 ホテルの場合、ツインやダブル1室に宿泊できる人数は2人。エキストラベッドを入れれば3人まで宿泊できる。宿泊費は当然、ホテルのランクによって価格帯が異なるが、ハワイのホテルは全体的に高めだ。ホテルのランクを大きく3つに分けると、ますは日本のビジネスホテル的な三ツ星未満のエコノミーホテルがある。中心部からやや離れるが清潔・安全が保障されているというホテルで1泊150ドルくらいから。ツアーなどでもよく利用されるミドルクラスホテルは1泊250ドルくらいから。そしてプライベートビーチやゴルフ場などを設ける大規模な高級リゾートホテルは1泊400ドルくらいから。

※本文は2015年9月5日現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)

イメージ



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

旅の予算をシミュレーション

ゲーム感覚で、旅に使うお金をシミュレーションしてみよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

ハワイ特派員ブログ最新記事

ハワイボルケーノのグッズは此…
18/07/31 07:24

ハワイ/ハワイ島特派員ブログ

ハワイボルケーノのグッズは此…
キラウエア火山国立公園は大きな地震のダメージのために閉園したままですが本… 続きを読む

ハワイの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

教えて!ハワイのQ&A掲示板

ハワイのたびの疑問を他のユーザーに質問してみよう。旅仲間募集も可能です!

11月末から12月あたま!… !30代〜女性旅友募集します!…