海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > お金ガイド > お金情報・お金事情 > オーストラリア > お金の持って行き方「クレジットカードについて」

オーストラリアのクレジットカードについて

 海外旅行の際にクレジットカードは必携。オーストラリアではクレジットカードが普及しており、ほとんどの場所でクレジットカードを使うことができる。大金を持ち歩く危険もなく、いざというときにキャッシングも利用可能だ。クレジットカードには、5大ブランドのVISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス(アメックス)、ダイナース、JCBのいずれかがついており、そのブランドが提携している世界中の加盟店で使用できる。ただし、加盟店数では、VISA、MasterCardが圧倒的に多いので、海外にはどちらかのブランドが付いたカードを持っていくといいだろう。そしてクレジットカードを使用した際には、伝票に誤りがないか必ず金額をチェックし、金額が正しいときのみ署名(暗証番号入力)すること。

 また海外でクレジットカードを利用した場合、加盟店が現地通貨建てで地元のカード会社に請求。そこから日本のカード会社に請求が上がり、そこで円換算してカード所有者に請求書がくる。そのため、請求額は必ずしもカードを使った日の為替レートで換算されるわけではないことを覚えておこう。

 クレジットカードの紛失、盗難にあった場合は、すぐカード会社に連絡してカードを無効にしてもらう。クレジットカードにはもともと盗難保険がかかっているので、現地で盗難届さえ出しておけば盗用されても支払いが免除される。しかし万が一の場合にクレジットカードを無効にするための日本の紛失・盗難窓口の電話番号と自分のクレジットカードの番号は必ず控えておこう。24時間対応で受け付けている。ただし、フリーダイヤルだと海外からはつながらないので、有料ダイヤルの電話番号を控えておくこと。

 クレジットカード利用のメリットのひとつに、「海外旅行傷害保険」の付帯サービスもあげられる。このサービスがついたカードを持参していれば、ケガや入院など万が一のときに「海外旅行傷害保険」が付帯されるもの、旅行代金の決済が必要とするカードもある。病院にかかったときにカードで支払うか、領収書をもらっておけば帰国後にカード会社に医療費などを請求できる。事故の場合は警察に証明をもらっておくと、帰国後の保険金請求がスムーズだ。自分のカードに海外旅行傷害保険がついているかどうか、その条件や保険金額などを出発前にチェックしておこう。

※本文は2019年8月現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

オーストラリア特派員ブログ最新記事

オーストラリアでのブッシュ・…
19/11/17 12:55

オーストラリア/ブリスベン特派員ブログ

オーストラリアでのブッシュ・…
地球の歩き方トラベラーの皆さん、こんにちは。ブリズベンのちえです。オース… 続きを読む

オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。