海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > お金ガイド > お金情報・お金事情 > オーストラリア > 旅の予算「税金」

オーストラリアの税金

オーストラリアではほとんどの商品にGSTと呼ばれる消費税10%がかかる。旅行者は、30日以内に出国する、手荷物として未使用未開封で持ち出す、同じ店で合計$300以上購入という条件の下、帰国の際に空港のTRSブースで所定の手続きをすれば、この税金が戻ってくる。

 また、オーストラリアのワインには、ワイン平衡税「WET(Wine Equalisation Tax)」があり、酒税がかけられている。ワインを持ち出す際にも、GST同様、税金が還付される。
これを旅行者払戻制度「TRS(Tourists Refund Scheme)」という。旅行者はTRSに基づき、GSTやWETの払い戻しを受けることができる。条件は次の通り。

(1) 1店舗で300AUドル以上の支払いをしている場合(1点でなくても合計金額でOK)
(2) オーストラリア出国前30日以内の支払いであること
(3) オーストラリア国内で消費していないこと(飲食代、ホテル代、現地ツアー費用などは対象外)

 TRSを受けるためには、購入店舗で「Tax Invoice」という書類を発行してもらう。
この払戻しは、旅行者が出国時に手荷物としてオーストラリア国外に持ち出す場合のみ適用される。手荷物として航空機内への持込みができない物品(ワイン、化粧品など)は、チェックイン前に手続きを行いTRSの請求をすることができる。チェックイン用荷物に入れた物品に関して、係官が請求の妥当性を判断するためにいくつか質問をする場合もある。
「TRS」の払い戻しは、各都市の国際空港に設置されたTRSブースで申請する。パスポート・コントロール(出国手続き)を過ぎた後、出発エリアにあるTRSブースで行う。「Tax Invoice」、購入商品、パスポート、国際線搭乗券が必要になる。
払い戻しの方法は、小切手、オーストラリアの銀行口座への振込、クレジットカード口座への支払いがあるが、日本の旅行者ならクレジットカードの振込が便利だ。

※本文は2019年4月現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

オーストラリア特派員ブログ最新記事

オーストラリアでのブッシュ・…
19/11/17 12:55

オーストラリア/ブリスベン特派員ブログ

オーストラリアでのブッシュ・…
地球の歩き方トラベラーの皆さん、こんにちは。ブリズベンのちえです。オース… 続きを読む

オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。