海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > お金ガイド > お金情報・お金事情 > イギリス > 旅の予算「食費」

イギリスの食費

外食にかかる費用の目安(1人分)
○ファストフード 1,000円前後
○カジュアルレストラン 3,000~5,000円
○一流レストラン 1万円前後

 ひところ「うまいものなし」といわれたイギリスも、最近ではカリスマシェフの流行で、外食のレベルがグンとアップした。とはいっても、他のヨーロッパ諸国に比べるとまだ「高くでまずい」店が多いのは事実だろう。比較的“外れ”が少ないのが「インド料理のレストラン」。イギリスの旧植民地だったインドからはたくさんの移住者がやってきてイギリスで暮らしており、彼らが食文化も連れてきた。ロンドンでは、本格的なカレーが楽しめる。

 中華料理はテイクアウトも広く普及していて、いたるところに店を構えている。

 最近ではエスニック料理のレストランも人気がある。タイやベトナム料理はリーズナブルで味もよい。通常、テイクアウトがメインのインド料理店など一部のイスラム系のレストランでは酒を出さないが、持ち込みOKの場合がある。

 日本のファミレスに相当するのがパブ・フードだ。週末ともなると「サンデーロースト」を食べにやってくる家族連れでパブは賑わう。パブではイギリスの「おふくろの味」に相当するプディングや肉のロースト、フィッシュパイなどがレストランよりはずっと手頃な値段で食べられる。イギリス人は昼間からアルコールを飲むことに抵抗がない。パブは昼食時でもパイントグラスになみなみとついだビールが飛ぶように出る。

 レストランでは通常、スターター(前菜)、メインディッシュ、デザートのコースにドリンクをオーダーする。都市部のカジュアルレストランでは「セットメニュー」が人気。いわゆるコースに比べて割安なのが受けている。 

 チップは食事代金の10〜15%程度。ただし、請求書に「service charge」と入っていたらチップは不要だ。

 ワーキングホリデーや留学などで生活する際にはぜひ自炊を心がけたい。食材も肉や魚は割高だが、外食と比べれば安上がり。テスコ(Tesco)やアズダ(ASDA),モリソンズ(Morrisons)といった低価格スーパー、中位クラスのセインズベリー(Sainsbury’s)、高級スーパーにはウェイトローズ(Waitrose)やマークス・アンド・スペンサー(Marks&Spencer)といったチェーンがあり、最近では日本食材も置かれている。

※本文は2019年5月現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)

イメージイギリスの代表的な料理「フィッシュ・アンド・チップス」のイメージ



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

イギリス特派員ブログ最新記事

2021年イギリス「母の日」は、…
21/03/02 22:29

イギリス/ロンドン特派員ブログ

2021年イギリス「母の日」は、…
母の日って、日本など多くの国々では5月の第2日曜日。19世紀にその慣習を始め… 続きを読む

イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

教えて!イギリスのQ&A掲示板

イギリスのたびの疑問を他のユーザーに質問してみよう。旅仲間募集も可能です!

旅の話がしたい★…