海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP    >  お金ガイド    >  お金情報・お金事情    >  香港    >  賢い両替術「両替についての基礎知識」

香港の両替についての基礎知識


 日本円を香港ドルに両替する場所は、香港では空港の両替所やホテル、銀行ほか、市内には約100軒以上の両替店がある。一般的に日本国内における通貨の取扱量が少ない通貨に関しては、日本の銀行や空港より、現地で換金するレートの方がよい傾向があるため、日本円を香港ドルに換金する場合は現地の両替商で行うのが正解だ。

 空港の両替所や銀行は早朝から深夜まで開いている所もあり、利便性の高さが魅力的だが、その反面レートは悪いため、市内までの交通費など最小限の換金に控えておくのがベター。ちなみに香港国際空港の到着ロビーには、24時間稼働している自動両替機(日本語の説明もある)も設置されている。

 ホテルでの両替は基本的には宿泊者のみに対するサービスで、そのレートはホテルによって異なるものの決してよくない。しかし昼夜問わず両替できるメリットはある。

 また香港上海匯豊銀行(HSBC:日本語名称=香港上海銀行)や恒生銀行、中国銀行のレートは比較的適正で悪くはないが、口座を持っていない場合、両替1回につき一律約50〜100HKドルの手数料がかかるため、少額の換金では高くつく可能性も。しかし創興銀行であれば、手数料は無料、そのかわりレートがやや落ちる。結局のところ、両替商で交換するのが一番得だと言われているが、両替商を数軒見て回るだけでも違いに気付くぐらいレートに差がある。

 両替商のレート表には「BUY(ING)」、「SELL(ING)」の文字があるが、日本円を香港ドルに換金する場合は、「BUY(ING)」のレートを確認すること。つまり、「両替商が日本円を香港ドルで買う」と考えればわかりやすい。またレート表のほとんどは、日本円1円に対する香港ドル額で示されることが多く、0.0853と表記されている場合、1万円で853HKドルに換金出来るということ。このBUYとSELLのレートの差で両替商は儲けていることになるので、その差が小さい店ほど良心的な店であると言える。またこのレート表の下に小さく手数料の金額が入っていることもある。手数料を取る店と取らない店があるので、そこにも注意したい。ちなみにカジノでの両替もレートはいいので、機会があれば試す価値ありだ。

※本文は2010年2月28日現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

賢い両替術
メール プリント もっと見る
}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

旅の予算をシミュレーション

ゲーム感覚で、旅に使うお金をシミュレーションしてみよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

香港特派員ブログ最新記事

もしオクトパスの第一世代を持…
17/11/13 22:20

香港/香港特派員ブログ

もしオクトパスの第一世代を持…
香港で最も普及している電子マネーは八達通(Octopus)と言います。日本で言え… 続きを読む

【香港特派員ブログ】
香港特派員香港2特派員>>一覧

香港の旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。