海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP    >  お金ガイド    >  お金情報・お金事情    >  香港    >  旅の予算「チップ」

香港のチップ


香港ではイギリス文化の名残としてチップの習慣が根強い。

【タクシー】タクシーではチップは不要。

【レストラン】レストランでは合計金額の10%がサービス料として上積み請求されるので、おつりの小銭を残す程度でよい。大衆食堂やファストフード店ではチップ不要。

【ホテル】ホテルのトイレでは2~5HK$、ベルボーイや部屋係には10HK$が目安。

 また旧正月には、日本同様にお年玉を渡す習慣があるため、赤いポチ袋に10HKドル、20HKドル札を入れておいて渡すと喜ばれる。

 日本人にはなじみのない習慣だが、レストランやホテルのトイレには清掃員が常駐していることが多く、手を洗った後にペーパータオルなどを渡してくれることも。この清掃員にはチップを払う必要があり、金額の目安としては2〜5HKドル。ホテルのベルボーイには荷物1個につき10HKドル、ベッドメーキングには毎朝5〜10HKドルをサイドテーブルに置く。さらにタクシーを呼んでもらう、ルームサービスを持ってきてもらうなどの特別なサービスを受けた際にもそれぞれ10HKドルが目安。
タクシーではメーターの料金に端数が出ている場合はお釣りをもらわないのがベター。運転手側から切り上げて要求してくることもままあるが、それも普通のこととして割り切ること。ちなみに香港ディズニーランドのパーク内はチップ不要。

 基本的にはチップはよいサービスに対して支払うもの。金額は目安なので、無理をして支払うこともない。感謝のしるしとして支払うように心がけよう。

※本文は2015年8月4日現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

旅の予算をシミュレーション

ゲーム感覚で、旅に使うお金をシミュレーションしてみよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

香港特派員ブログ最新記事

香港のクリスマスデコレーション2018
18/12/09 11:19

香港/香港2特派員ブログ

香港のクリスマスデコレーション2018
12月の香港はクリスマスムードに溢れお買い物をしなくてもショッピングモール… 続きを読む

【香港特派員ブログ】
香港特派員香港2特派員>>一覧

香港の旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。