海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP    >  お金ガイド    >  お金情報・お金事情    >  韓国    >  旅の予算「宿泊費」

韓国の宿泊費


 韓国のホテルも日本と同じように安いところから高いところまで色々で、料金目安は高級ホテルで1泊20万〜30万ウォン、中級ホテルで6万〜13万ウォンくらいからだが、格安で泊まれる宿泊施設も韓国には多くある。バス・トイレが共同のゲストハウスタイプの宿泊施設は観光地周辺に多くアクセスが便利で、料金も1万5000〜4万ウォンとお手頃だ。しかし韓国で格安宿泊施設と言えばやはり韓国式旅館だろう。韓国では等級のあるホテル以外を総称して旅館と呼ぶ。街中で温泉のマークがついている建物があったら、そこが旅館だ。料金は1部屋の料金なので、1人で泊まると割高になるが、それでも1部屋1泊3万〜5万ウォン。特に地方都市の旅館では韓国の伝統的な床暖房、「オンドル」を入れているところも多く、格安の宿泊料金で昔ながらの韓国文化に触れることができる。

 また、留学などで長期滞在する場合は部屋を借りることになるが、賃貸形式はいくつかあり、家賃の支払いも日本とはシステムが違うので注意が必要だ。まず学生の一般的な住居として大学寮があるが、家賃は月10万〜50万ウォン程度で2〜4人部屋がほとんどだ。受験生が勉強用に借りることの多い「コシウォン」はシャワーやトイレなどが共同で25万ウォンくらいから、下宿はたいてい朝夕の食費込で月40万〜70万ウォン、家賃が3カ月分先払いのところもある。日本のワンルームアパートに似た造りの「オフィステル」は月60万〜80万ウォンだ。自分でアパートを借りる場合は家賃支払いの形態にチョンセとウォルセの2種類があり、チョンセは不動産売買価格の50〜70%程度の保証金を家主に預け、退去するときは無利子で全額返金されるシステム。通常2年間の契約で、月々の家賃支払いはない。一方ウォルセは保証金が少ないかわりに家賃を毎月支払うシステムで、ソウルの単身者向けワンルームアパートは、保証金が大体2000万〜5000万ウォン、月々の家賃が100万〜300万ウォン程度だ。

※本文は2010年2月28日現在の情報です。(一部注釈のあるものを除く)

イメージ韓国の伝統的家屋を体験できる「楽古斎(ラッコジェ)」イメージ



手数料が銀行の15分の1!全通貨が一律20銭!

コラムイメージ

知ってる?外貨両替のお得な裏ワザ

海外旅行するなら必見!
ドルやユーロなど外貨両替でかかる手数料を安くする裏ワザを解説します。

海外5通貨対応、海外プリペイドカードならマネパカード!

コラムイメージ

「FX口座からのチャージも対応!海外通貨のあらたなカタチ」

海外キャッシュカードは海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードはそれだけでなく、現地のマスターカードのマークのあるお店でお食事やお買物をすることができます。

}l[p[gi[Y FXJ݃Ly[

手数料比較シミュレーター

支払方法によって変わる手数料を比較して、お得な旅を計画しよう!

PLAY

旅の予算をシミュレーション

ゲーム感覚で、旅に使うお金をシミュレーションしてみよう!

PLAY

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

韓国特派員ブログ最新記事

アーティストも絶賛!人情溢れ…
18/09/04 11:54

韓国/ソウル特派員ブログ

アーティストも絶賛!人情溢れ…
とても暑い日が過ぎ、やっと涼しくなってきました。久々に東方神起チャンミン… 続きを読む

【韓国特派員ブログ】
ソウル特派員釜山特派員>>一覧

韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。