シリコンバレーの
レストラン事情
日本料理店リスト
各国料理店リスト
シリコンバレーの
レストラン事情
1/P.4
シリコンバレーで何を食べるか マナー 自動車について お得なサービス

シリコンバレーで何を食べるか
 世界中から人が集まるシリコンバレーでは、中華、韓国、メキシコ、イタリア等あらゆる国の料理が楽しめる。日本食レストランが多いのも特徴で、日本人の我々にとってはありがたい。海外の日本食レストランというと高くてマズイというイメージが強いが、シリコンバレーでは定食や丼物が日本と大して変わらない値段で食べられ、店によっては昼時に日本人サラリーマンの行列ができるほど。
 レストラン以外でも、ヴァリエーションに富んだファーストフードや、ショッピングセンター内のフードコートで手軽に済ませることもできる。とにかく食べることに関しては何の心配もないといえよう。

マナー
◆ チップについて
 アメリカの他の都市と同様、レストランでは15〜20%程度のチップを置くのが習慣。計算の方法としては、税金はカリフォルニアの場合8.25%なので、税の欄の数字を2倍にするとチップの金額の目安になる。ウェイターやウェイトレスによっては、チップがそのまま給料になる契約をしている人も多いので、きちんと払ってあげてほしい。
 クレジットカードで支払う時は、料理の価格にチップを加算した額を伝票の合計欄に記入するのが一般的なやりかた。もちろんチップだけ現金で置くのもOK。
◆ 禁煙について
 全米ではあらゆる公的スペースでの喫煙が法律で禁じられており、レストランもその例外ではない。喫煙者にとってはつらいところだが、うっかり吸って罰金を取られることのないよう注意しよう。
◆ 服装について
 カリフォルニア、特にシリコンバレーの場合は、大抵カジュアルでOK。高級レストランに行く場合には、ジャケットやネクタイを着用した方がよい。確認したい場合には、Dress Codeは何ですか、と電話で店に聞けば、教えてくれる。

自動車について
 レストランまではどうしても車で移動することになる。駐車スペースの心配はまずないが、飲酒運転は厳禁!つかまると多額の罰金が科せられ、刑務所に入れられることもあるぐらいに厳しい。何よりも事故につながるので絶対やめよう。

お得なサービス
◆ ワンちゃんへのおみやげ!?
 日本と比べると料理の量が多いので、残った分は包んでもらって持ち帰るといい。日本でいうところの「おみやげ」だが、アメリカでは「doggy bag」と呼ぶ。「ワンちゃんのために・・・」という照れ隠しの表現から来ているらしい。
◆ ハッピー・アワー
 お店が混まない平日のディナー前に、安い価格のメニューが用意されているのがハッピーアワー。残念ながらすべてのお店にあるサービスではないが、主にチェーン系のレストランで多く見られる。


このページのトップへ