スペイン南部、アンダルシア地方には、
白壁を太陽に輝かせた白い村が点在しています。
その美しさは、まさにアンダルシアの魅力の一つ。
今回はセビリアからレンタカーで
グラナダへ向かう途中に点在する、
五つの魅力的な町や村を紹介します。
(途中、マルベーリャにて1泊します)

小高い岩山に建つ
アルコス・デ・ラ・フロンテーラ

セビリアから1時間30分、小高い岩山の上にアルコス・デ・ラ・フロンテーラの町がある。石灰で塗られた白壁の家々と迷路のように入り組んだ家並みは、白亜の迷宮に迷い込んだかのよう。車をカビルド広場に止め町中を散策する。白壁に飾られた花々、鉄格子の付いた小窓や段差の多い迷路のような道、どこを撮っても魅力的なポイントばかり。
※白い村での撮影のポイントは、オートでの撮影をさけること、できればマニュアルモードで1/2オーバー目に露光します。オートで撮るとほとんどアンダーな写真になってしまうので要注意。
 場所 アルコス・デ・ラ・フロンテーラ
 時間 12:00〜15:00
 カメラ ハッセルブラッド 503C/W
 レンズ プラナー 100m/m・f3.5
ディスタゴン 50m/m・f4
 フィルム FUJI RDP-III
 撮影データ f11・1/125秒
f8 1/2・1/125秒


崖の上の町ロンダ
アルコス・デ・ラ・フロンテーラから車で1時間、グアダレビン川が刻んだ深い峡谷の上に立つ、ロンダの町は旧市街と新市街に分かれ、ヌエボ橋とアラブ橋、ローマ橋の3つで結ばれている。町中に入ってしまうと撮影ポイントが希薄になってしまうため、崖の上に広がる家並みを中心に、ローマ橋からの新市街と、ヌエボ橋からの旧市街を撮影しました。ヌエボ橋からのポイントでは、夕日が白壁を赤く染め、岩肌の陰影が強調され、とても印象的な写真に仕上がりました。
 場所 ロンダ
 時間 16:30〜18:00
 カメラ ハッセルブラッド 503C/W
 レンズ ディスタゴン 60m/m・f4
プラナー 150m/m・f4
 フィルム FUJI RDP-III
FUJI RVP-III
 撮影データ f8・1/125秒
f8・1/30秒




美しい「白い村」カサレス
マルベーリャから1時間、岩山に建つ古城と、家々の白い壁、スペインがわらの煉瓦色。この美しい風景を見た時、感動を覚えない人はいないはず、それほど完成された美しさを持つ白い村カサレス。まず、街道沿いのバル・レストランから美しい全景を撮影、村内に入り、古城付近から少しずつ下りながらの撮影をお勧めします。家並みはもちろん,教会や墓地まで白く塗られ、美しい装飾が施され、まさにすべてが絵になる風景です。
 場所 カサレス
 時間 10:00〜12:00
 カメラ ハッセルブラッド 503C/W
 レンズ ディスタゴン 60m/m・f3.5
ゾナー 250m/m・f5.6
ディスタゴン 50m/m・f4
 フィルム FUJI RDP-III
 撮影データ f8・1/125秒・PLフィルター
f8・1/250秒
f8・1/125秒・PLフィルター


整然と並ぶ
白い家並みが美しいミハス

カサレスからコスタ・デル・ソルに沿って1時間、フエンヒローラから左に9kmほど行った山の中腹に、白い町ミハスがある。交通の便もよいので、少々観光地化しているのが気になるが、裏通りに入ると静かな白い家並みに巡り会える。ここではベランダやドアに花が置かれ、白壁にアクセントを加えている。またカラフルな色彩が施されたドアも絶好の被写体。
 場所 ミハス
 時間 13:30〜14:30
 カメラ ハッセルブラッド 503C/W
 レンズ ディスタゴン 50m/m・f4
ディスタゴン 60m/m・f4
 フィルム FUJI RDP-III
 撮影データ f8・1/125秒
f8 1/2・1/125秒


スペインで一番美しい村
フリヒリアナ

ミハスからマラガを通り、ネルハ経由で1時間。紺碧の地中海をバックにフリヒリアナの白い村が広がる。かつてスペインで一番美しい村に選ばれただけに、どこを歩いてもすばらしい。手入れが行き届いた白壁や、窓辺を飾る真っ赤なゼラニウム、モザイクの石畳等、被写体には事欠かずフィルムが何本あっても足りないほど。特におすすめなのが、村の中心にある白い教会と、坂を上りきったところにある、カフェテラスからの地中海を望む美しい景色。
 場所 フリヒリアナ
 時間 15:30〜17:30
 カメラ ハッセルブラッド 503C/W
 レンズ ディスタゴン 50m/m・f4
 フィルム FUJI RDP-III
 撮影データ f8・1/125秒・PLフィルター



FUJICHROME PROVIA100
世界のスタンダードと呼ばれる信頼性
「旅先で出会ったドラマチックなシーンを、作品的に写しとめたい」。そんな方々に幅広く使われているのが、リバーサルフィルム。 ネガフィルムと違い、現像した段階で美しい色を(スライドで)見ることができます。もちろんプリントしても高画質。このプロビアは、その品質でプロのカメラマン達からも高い評価を受けているフィルムで、ISO100では、最高クラスのシャープネスと粒状性・クリアで忠実な色再現・豊富な階調・整った階調バランスを持ち、幅広いラチチュードと、これまでにない長露光での優れた特性を併せ持つなど、使い勝手のよさを誇っています。今回のような色調豊かな風景や、人を余すことなく再現するために、ぜひ押さえておきたいフィルムです。
→もっとくわしく



FUJICHROME PROVIA400
一瞬のチャンスを逃さない高感度フィルム
デーライトタイプの高感度フィルム。細かな粒状と高いシャープネスを持ち、高感度でありながら鮮やかで自然な色再現が可能です。激しいアクションの一瞬をとらえる早い シャッターを切りたい時や、舞台・ショー・室内など光量の少ないシーンで、微妙な雰囲気を再現します。
→もっとくわしく



FUJICHROME PROVIA100F
世界最高の粒状性が見たまま感じたままを表現
リバーサルフィルムのなかでは、世界最高の粒状性を実現した新フィルム。大伸ばしのプリントでも、より鮮明な画質を得ることができます。優れた色相バランスを持ち、淡い微妙な色調から鮮やかな原色まで、見たまま感じたままの色を再現可能です。ハイライトからシャドーまで、直線性に優れた滑らかな階調を描写し、ナチュラルで豊かなグラデーションにより、微妙な質感までも忠実に描き出します。
→もっとくわしく



FUJICHROME PROVIA400F
少ない光でも豊かな色再現性を実現
ISO400のカラーリバーサルフィルムで、世界最高水準の粒状性を達成し、クリアな描写力、 確かなシャープネス、鮮やかな色再現性を実現。手ぶれも少なく、ズームレンズにも威力を発揮します。室内の撮影はもちろん、花の接写などにも適したフィルムです。
→もっとくわしく



FUJICHROME PROVIA100
世界のスタンダードと呼ばれる信頼性
「旅先で出会ったドラマチックなシーンを、作品的に写しとめたい」。そんな方々に幅広く使われているのが、リバーサルフィルム。 ネガフィルムと違い、現像した段階で美しい色を(スライドで)見ることができます。もちろんプリントしても高画質。このプロビアは、その品質でプロのカメラマン達からも高い評価を受けているフィルムで、ISO100では、最高クラスのシャープネスと粒状性・クリアで忠実な色再現・豊富な階調・整った階調バランスを持ち、幅広いラチチュードと、これまでにない長露光での優れた特性を併せ持つなど、使い勝手のよさを誇っています。今回のような色調豊かな風景や、人を余すことなく再現するために、ぜひ押さえておきたいフィルムです。
→もっとくわしく