ガイドブック編集部 > 特集   >  オーロラを見に行こう!オーロラ観測地徹底比較 > 防寒対策 > 上半身の保温
上半身の保温 下半身の保温 便利グッズ、予算、ショップ

上半身の保温

下 着 中間着1 中間着2
ポリエステルなどの化学繊維のもの ウールシャツまたはマイクロフリース (1の上に着るもの)
ウールセーターまたはフリース
上 着
ダウンジャケットまたはインナー用のダウンジャケットにマウンテンパーカを重ね着 ニットキャップとネックウォーマー ポリプロピレンのインナー手袋の上にウールの手袋

下着選びで快適度は大きく違う

意外と軽視されがちですが、実は下着がかなり重要です。保温性と速乾性が重要なため、肌に直に付るものは、綿などの自然素材よりも化学繊維のものを選ぶようにしましょう。汗の水分で発熱するブレスサーモなど発熱作用のある素材のものは、体質によっはあまり効果がでないこともあります。購入前に相談してください。

コストパフォーマンスが高い「あったか下着」

コストパフォーマンスが高い
「あったか下着」


毛でちくちくするのがいやなら、薄いマイクロフリースがいいでしょう。その上に着るのは、温度の調整ができるラムウールのフリースやニュージーランド製のメリノウールのセーターなど。もちろん、普通のフリースでもOKです。

中間着を選ぶ際に最も気を付けなければならないことは、保温性と脱ぎ着が簡単にできることです。2枚を組み合わせるのが理想で、下には保温性の高いウールのシャツを着るといいでしょう。アメリカの「ペンドルトン」社の製品が有名で品質もいいですが、洗っても縮まない日本製のウオッャブルタイプのものもおすすめです。

やっぱりダウンが一番

上着に関しては昼間のアクティビティなどを考えると、できる限り軽いものを選びたいですね。やはり、ダウン入りのジャケットが軽くて暖かいのでおすすめです。ただし安くても4万円前後するし、軽くて保温性のよいものなら6万円以上と、質のいいものほど値が張ります。

越谷さんおすすめのフランス製ダウンジャケット。軽くて非常に暖かい

越谷さんおすすめの
フランス製ダウンジャケット。
軽くて非常に暖かい


すでに持っているアイテムがあるなら、ダウンジャケットやゴアテックスなどの最新素材のマウンテンパーカなどを組み合わせて使うのも手です。組み合わせる場合は、下にキルティングなどインナー用のダウンを着れば充分暖かいでしょう。丈は、昼間のアクティビティのことも考えて、お尻がちょうど隠れるくらいがベストです。

編集部から

じっさいにアイテムを見せてもらいながら話を聞いたが、特にダウンジャケットについては価格による品質の差が大きいことを痛感した。決して安いものではないが、わざわざ時間とお金を使って行くものだから、オーロラ観測が主目的なら、しっかりした防寒着を揃えたほうがいいだろう。

速乾性と保温性を兼ねなえた二重構造のアンダーウエア

速乾性と保温性を兼ねなえた二重構造のアンダーウエア


予算的に小さく効果が大きいのは下着の選択。上着までは揃えられないという方も、下着だけはいいものを選んだほうがいい。発汗しやすい体質かどうか、またアクティブに動くかどうかで材質選びは大きく異なるとのことなのでお店で相談することをおすすめする。

上半身の保温 下半身の保温 便利グッズ、予算、ショップ
2004年1月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部