ガイドブック編集部 > 特集 >  オーロラを見に行こう!オーロラ観測地徹底比較 > 防寒対策 > 下半身の保温
上半身の保温 下半身の保温 便利グッズ、予算、ショップ

下着&タイツ ズボン アウターパンツ
ポリエステルなどの化学繊維のもの 保温性の高いジャージ ダウンパンツ
靴下
ウールソックス スノーブーツ

Baffin社のブーツ。ソールもしっかりしている

上半身より1枚少なくても大丈夫

下着のパンツは上半身のと同じ素材のもので揃えてもいいですが、上にタイツ(ももひき)を履くのなら特別なものは必要ありません。タイツも保温性と速乾性のあるポリエステルなどの化学繊維で、足首のあたりまで隠れるものを選びましょう。同じメーカーから上半身と同じ素材のものが出ている場合も多いので、合わせて購入すればいいと思います。

靴下は案外安い。裏がパイル地になっているものを選ぼう

靴下は案外安い。
裏がパイル地になっているものを選ぼう


ズボンは血行を妨げないようなものを。その上にダウンのアウターパンツなど、風を通さない保温性の高いものを選べばいいでしょう。

最後に足元の防寒です。まず靴ですが、スノーブーツのメーカーでは、現在カナダの『Baffin』社のものがナンバーワンとされています。靴の説明書に耐寒温度が書いてあるので選ぶのも簡単です。靴下は、表地がメリノウールで裏地がパイルになっているものがあるので、それを購入すれば1枚でも充分。長さはすねの中間くらいがベストです。

編集部から

下半身は上半身よりも快適とされる温度が低いため(上半身の33.3度に対し15〜20度)、上着に比べれば少ない枚数でも足りるそうだ。下半身で重要視したいのは足元の保温。足先は身体の中心から遠いので、冷えてしまったら温めることは難しい。上半身なら重ね着で対応できるが、靴は重ね着というわけにはいかない。防寒ブーツを買う予算がなければ、せめて中敷き(インソール)に断熱性の高いものを選ぼう。石井スポーツではフェルトとゴアテックスを貼り合わせたものを扱っている。

上半身の保温 下半身の保温 便利グッズ、予算、ショップ
2004年1月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部