ガイドブック編集部 > 特集 >  私は絶対ここに行く! > 読者投稿 > 各国周遊の旅

読者投稿:各国周遊の旅

テーマによって旅行先を変えている、または複数の国を巡る周遊の旅を計画・実行した方の投稿をご紹介します。

世界遺産に行く!
世界遺産

私の絶対行ってみたい場所はマルタ。正確にはマルタ共和国のゴゾ島です。マルタは世界遺産で注目されていて、僕が世界遺産なるものに気付いたのは、3年前。トルコへツアー旅行に行く事が決まった時でした。それまでの私は、単にリフレッシュの気持ちでただなんとなく毎年1回、海外旅行に行っていました。トルコの旅行も単に「ツアー料金が安いから」の理由で決めました。

カッパドキアの奇岩

カッパドキアの奇岩


ところがドッコイ、このトルコツアー、「世界遺産」なるもののオンパレードではないですか。おおー!と思ったのもつかの間、「ところで、せかいいさんって何?」って感じじゃないですか。まあ、事実はともかく、なんかようわからんけど、世界に誇れる遺産って事だろう。なんかすごそう!って、こんな「世界遺産」の一言だけで、うきうきした気分で旅行に望みました。

そして、いざ旅行になり、各地ではさまざまな世界遺産が僕を迎えてくれました。カッパドキアでは、他のどこでも見られないような巨大なキノコ岩の大群が乱立しているし、高台の上に温泉が湧き出て、蓮の葉がたくさんあるような石灰棚を形成している不思議なパムッカレ、トロイの木馬が有名で、昔英語の授業で習ったシュリーマンなる人ががんばって掘ったトロイ遺跡、そしてスケールのでっかいブルーモスクを持つアジアとヨーロッパの境、歴史に何度も登場するイスタンブール、とどこもスケールはでかいし、珍しいし、感嘆できるところばかりでトルコツアーは大満足。とっても充実した旅でした。

これを機に僕はどっぷり「世界遺産」に飲み込まれてしまいました。以来どこに行くでも世界遺産は必ず訪れるようになり、国内では、行ったことのなかった白神山地のブナの原生林、白川郷の合掌造り、多数のグスクと首里城跡に行き、海外では、水の都ベニス、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐、ジュリエットのいたヴェローナ、なぜか傾いていても倒れないピサの斜塔、みんな真っ赤でとてもきれいなフィレンツェ、港がきれいなナポリ、灰にうずもれちゃったポンペイ、ローマ法王の居るヴァチカン、とっても緑がきれいな高地に岩がピーンとたつスリーシスターズ、なぜかN.Y.にいるスケールのでかいフランス美女の自由の女神、とここ数年で数多く訪れてしまいました。

そして今年は、少しのんびりした旅行感覚が楽しめそうな、地中海のへそ、マルタ共和国に3つの「世界遺産」を訪れます。きっとそこでも、僕の見た事も無いような、スケールのでかく、珍しく、感嘆できる「世界の遺産」が僕を待ってくれている事でしょう。待ってろ、マルタ!すぐに行くぞー!! (heritage visitorさん)

【編集部より】

世界には数多くの世界遺産があります。例えばそのすべてを巡る旅に出るとしたら、一体どれだけの時間がかかるでしょう? 恐らく世界遺産の魅力にはまった誰もが思い描くのだと思います。そんな願望を叶えてくれるものとして、世界遺産をテーマにした本やテレビ番組がいつまでも人気があるのでしょう。

どこまでも自転車で世界を駆け巡りたい。感動の伝わる写真を撮りたい
自転車世界一周

今まで南アフリカ、東南アジア、南米大陸を自転車で走ってみてどうしても世界一周をしてみたくなってしまった。貯めたお金で念願の世界旅行に出ようと思います。地平線まで続く一筋のまっすぐな道、くねった道をどこまでも上っていく峠、風も景色も最高の海岸線沿いの道。自分が生きていると実感できるあの感覚が忘れられなくてもう一度、自分が生き抜いているんだということを心の中で叫びながら世界を駆け巡りたい。何年かかるかわからないけど覚悟はできているつもりだ。 (フジ アキユキさん)

南アフリカ自転車旅は波乱に満ちていた(撮影:フジ アキユキさん)

南アフリカ自転車旅は波乱に満ちていた(撮影:フジ アキユキさん)

【編集部より】

数年前、九州最南端の岬にある灯台を訪れたとき、日本全国を自転車旅行中の青年と出会いました。その青年は北海道から始めてもうすぐ終わりを迎えるところでしたが、これが世界となると本当に何年かかるか私にもわかりませんね。

英語を勉強したら、鉄道に乗ってヨーロッパの写真を撮りにいこう!!
語学留学、鉄道旅行

今回私は3月11日よりイギリスへ12週間語学留学に行ってきます。まず3日間ロンドンに滞在し、その後学校のあるハロゲートへ向かう予定です。12週間の授業を終了したら次はヨーロッパ大陸へ向かいます。観光名所を鉄道を使い周り、たくさんの写真を撮ろうと思っています。予定では3週間で周るつもりです! (mihokkoさん)

ヨーロッパは駅舎を見に行くのも楽しい!(写真はドイツのハンブルク)

ヨーロッパは駅舎を見に行くのも楽しい!(写真はドイツのハンブルク)

【編集部より】

私も初のひとり旅はヨーロッパ鉄道旅行でした。予約必要な列車に予約なしで乗り込んで途中で降ろされたり、北に行こうと思ったら南行きの列車に乗ってたり、線路工事で代替バスに乗ることになったりとハプニングもいい思い出……!下調べはたくさんして行ってくださいね。

2004年2月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部