ガイドブック編集部 > 特集 >  夏のスイス鉄道旅行 > スイス鉄道ビジュアルガイド > おすすめパノラマ周遊コース > グルント→メンリッヒェン

ヨーロッパ最長のゴンドラに乗ろう 〜グルント→メンリッヒェン〜

周遊ルートの最初の区間はグリンデルワルトからメンリッヒェンまで。グルントでヨーロッパ最長のゴンドラに乗り換える1時間弱のルートだ。緑のアルプ眼下に、そしてユングフラウ三山を左手に眺めながらゆっくりと移動できる。

赤い小さなゴンドラ

メンリッヒェンへ上るゴンドラ乗り場はグルントの鉄道駅から少し離れている。しかし看板の道案内があるので、それに従いながら進めば迷うこともない。ヨーロッパ最長の長さとなるゴンドラは4人乗りの小さなもの。空中に飛び出すときは意外なほどの勢いだ。

メンリッヒェンへのゴンドラ乗り場は鉄道駅から離れている。案内板を頼りにアクセスしよう

メンリッヒェンへのゴンドラ乗り場は鉄道駅から離れている。案内板を頼りにアクセスしよう

真っ赤な4人乗りのゴンドラ。客が少なければひとり占めしてもよい

真っ赤な4人乗りのゴンドラ。客が少なければひとり占めしてもよい

アルプを眼下にゆったり旅

ゴンドラからの風景は劇的に変化するようなポイントはない。ここでは、アルプののどかな風景と進行方向左手に広がるユングフラウの山々をゆっくりと楽しもう。またアルプから聞こえてくるカウベルの音にも注意。遠くにいるはずの牛に付けられたカウベルの音が意外なほど近くに聞こえることもあり、別世界を満喫できる。

ゴンドラは揺れることもなくスムーズに進む。トータルで30分近くの旅だ

ゴンドラは揺れることもなくスムーズに進む。トータルで30分近くの旅だ

家々のすぐ上を通過するポイントもある。スイスの家を観察するチャンス(?)

家々のすぐ上を通過するポイントもある。スイスの家を観察するチャンス(?)

高度を上げて展望台へ

ゴンドラはメンリッヒェンに近づくとぐんと高度を上げる。進行方向を向いて座っているなら後ろの景色も見てみよう。グリンデルワルトとヴェッターホルンがずいぶんと遠ざかったことに気付くだろう。このあたりから三山のパノラマが近くに見えてくるが、残念ながら上りのゴンドラでは三山側の窓(進行方向左側)は開けられない。

ゴンドラは後半で急に高度を上げる。グリンデルワルトがずいぶん遠くなった

ゴンドラは後半で急に高度を上げる。グリンデルワルトがずいぶん遠くなった

ヴェッターホルン(左側の山)がよく見える。この右側には三山が連なる

ヴェッターホルン(左側の山)がよく見える。この右側には三山が連なる

三山を正面にひと休み

30分ちょっとのゴンドラ乗車でメンリッヒェンに到着。三山のほうを見ると、手前にチュッゲンの山塊が横たわり、グリンデルワルト側にはずっと牧草地が広がっているのをすぐに目にすることができる。こちらの景色を楽しんだらヴェンゲン側の景色も見てみよう。

メンリッヒェンからグリンデルワルト側の谷を望む。右端の山がアイガーだ

メンリッヒェンからグリンデルワルト側の谷を望む。右端の山がアイガーだ

残念! 三山のふたつは雲の中

残念! 三山のふたつは雲の中

2004年6月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部