ガイドブック編集部 > 特集 >  夏のスイス鉄道旅行 > スイス鉄道ビジュアルガイド > おすすめパノラマ周遊コース > メンリッヒェン→ヴェンゲン

周遊コース メンリッヒェン→ヴェンゲン

メンリッヒェンは登山鉄道のアクセスがない展望台なので、スイスの旅に慣れていないとつい訪れることを躊躇してしまう場所だが、ここからのハイキングコースは万人におすすめできるものだ。ヴェンゲン側の谷も一望にできるポイントなので、今回のようなルート取りをしないとしても訪れてほしい展望台だ。

人気のハイキングコースを歩こう

メンリッヒェンをスタート地点とする最も有名なハイキングコースは、クライネシャイデックまでグリンデルワルト側の斜面に付けられた道をたどるもの。道はきれいにならされており、高度差もほとんどないので楽に歩くことができる。メンリッヒェンから向かう場合、三山を常に前方に見ることができるという点もポイントが高い。

しかし今回のルートでは、ロープウェイ乗り場の裏手の丘、メンリッヒェンの頂上へのハイキングをおすすめしたい。メンリッヒェンからから見る三山はチュッゲンに邪魔されてその全貌を見ることができないのだが、こちらの山頂に上ると視界はずいぶんひらけるからだ。どんな景色が見えるかはぜひ自分の目で確かめてほしい。

ヴェンゲンへのロープウェイ乗り場の後ろにそびえるのがメンリッヒェンの山頂(2345m)

ヴェンゲンへのロープウェイ乗り場の後ろにそびえるのがメンリッヒェンの山頂(2345m)

山腹のテラスの村ヴェンゲンへ

メンリッヒェンでの眺望を充分に楽しんだら今度はヴェンゲンに下ろう。ロープウェイの旅はわずか10分ほどのものだ。ヴェンゲン側の谷は深く落ち込んでいるので、一気に下りおりることとなる。

駅から見下ろすとヴェンゲンの村がよく見える

駅から見下ろすとヴェンゲンの村がよく見える

ヴェンゲン側は急に落ち込んでいる。とても荒々しい景色だ

ヴェンゲン側は急に落ち込んでいる。とても荒々しい景色だ

カーフリー・リゾート、ヴェンゲン

ロープウェイは村のメインストリートのすぐ裏に到着する。ヴェンゲンはミューレンやツェルマットのようにガソリン車の乗り入れを禁止している村。村の規模が小さいので、実際、観光客が車を必要とすることはないのだが、道を歩行者天国のようにぶらぶらと歩くことができると気分ものんびりとする。ここからはユングフラウがきれいな姿を見せてくれるので、ベンチに座って眺めるのもいい。

ヴェンゲンの村が近づいてきた。斜面にシャレーが並ぶ

ヴェンゲンの村が近づいてきた。斜面にシャレーが並ぶ

この日は建国記念日だったので村中がにぎやかに飾られていた

この日は建国記念日だったので村中がにぎやかに飾られていた

魅力的な駅前ホテル

ロープウェイの乗り場からメインストリートに出て左側に進むと、ほどなく鉄道駅のある広場に出ることができる。駅前には何軒かのホテルがあるが、いずれも眺めがよくホテルそのもののグレードも悪くない。グリンデルワルトがにぎやか過ぎると思われたら、ヴェンゲンに滞在するといい。

ユングフラウの優美な姿を正面に見ることができるホテル、アイガー

ユングフラウの優美な姿を正面に見ることができるホテル、アイガー

こちらはもう1軒の駅前ホテル「シルバーホルン」

こちらはもう1軒の駅前ホテル「シルバーホルン」

2004年6月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部