繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮   >  おいしい味を求めて!イタリアの「食」を満喫する旅 > イタリア発祥スローフードを知る > 個性豊かな郷土料理
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


個性豊かな郷土料理

南北に細長く、東にアドリア海、西にティレニア海、南にイオニア海と三方を海に囲まれ、北部にはヨーロッパアルプスの山々、中央部にはアペニン山脈が縦断するイタリア。変化に富んだ地勢は、地方ごとに特産物を生み出し、個性的な郷土料理文化が発展した。

米どころではリゾットが郷土の味

米どころではリゾットが郷土の味

イタリア 地図

海の幸と山の幸

国土の8割が山岳や丘陵地帯のため、特に北部では肉や麦、米、野菜を使った料理が主流。北部に位置するミラノ、フィレンツェでは、郷土料理は肉料理やパスタ、チーズやハムなどがメインだ。イタリア中部のローマには国内各地の食が集まってくるため、洗練されたさまざまな味が楽しめる。
同じ北部でもアドリア海に面したヴェネツィアは、シーフードをふんだんに使った料理が自慢。また、近年注目を浴びている南イタリアは、温暖な気候と海に面した地の利から、豊富な野菜や果物、そして海の幸と、イタリアきっての食の宝庫となっている。

海に近い町ではよりどりみどりのシーフードが味わえる

海に近い町ではよりどりみどりのシーフードが味わえる

各地で味わいたい代表的な郷土料理

リストランテやトラットリアといった飲食店の定番料理は、その土地の特産物を使った郷土の味。各地の代表的な料理を紹介。

■ローマ
子牛の骨付き肉をワインで煮込んだオッソブッコや、子羊の肉を煮込んだりローストしたアバッキオ
■ミラノ
子牛の肉にパン粉を付けて焼いたミラノ風カツレツやサフランのリゾット
■フィレンツェ
厚切りのビーフステーキや、牛肉と生ハムをソテーしたサルティンボッカ
■ヴェネツィア
シーフードをメインとした料理。イカスミのスパゲッティは有名
ヴェネツィア名物イカスミのスパゲッティ

ヴェネツィア名物イカスミのスパゲッティ

こってりとしたサルティンボッカ

こってりとしたサルティンボッカ

イタリア米をリゾットで

イタリア北部、ヴェネト州やロンバルディア州、ピエモンテ州などでは米も作られており、特にポー川周辺は大穀倉地帯で知られている。米の産地ではリゾットが郷土料理のひとつ。

リゾットに向いているのは、粒の比較的大きな品種。その土地のチーズなどと一緒に調理するのが一般的だが、ミラノではサフランを使った鮮やかな黄色のリゾット、ヴェネツィアならグリーンピースの入ったヴェネツィア風、トスカーナ地方にはメロンなど季節の果物を使ったリゾットもある。

オッソブッコとミラノ風リゾット

オッソブッコとミラノ風リゾット


2004年08月