繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  おいしい味を求めて!イタリアの「食」を満喫する旅 > ツウになれるエスプレッソ講座 > エスプレッソのバリエーションにチャレンジ!
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


エスプレッソのバリエーションにチャレンジ!

カフェやバールにはエスプレッソを基本に、これにミルクを入れたりするバリエーションが豊富にある。気分によって飲み分けてみたい。

エスプレッソ

深煎りした豆を細かく挽き、圧力をかけて抽出した濃いコーヒー。日本ではエスプレッソと呼ぶが、イタリアではカフェと注文すると自動的にエスプレッソが出てくる。

カフェマッキャート

エスプレッソに少量の泡立ちミルクを入れたもの。マッキャートとはイタリア語でシミ、マークの意味。

カプチーノ

エスプレッソに、ふんわりと泡立てたミルクをたっぷりと入れたもの。朝から昼頃にかけて飲まれる。夕食後に飲むのはイタリアでは一般的ではない。

カフェコンパンナ

ホイップクリームがのったエスプレッソ。混ぜないでクリームとエスプレッソをスプーンですくいながら食べる。アクセントにココアやシナモンを振りかけることも。

カフェコレット

エスプレッソに少量のアルコールをたらして飲む。ブドウの蒸留酒グラッパなどが定番。

アフォガート

ジェラートに熱いエスプレッソをかけるイタリアの定番デザート。アフォガートは溺れるという意味。


シェカラート

エスプレッソと氷をシェーカーでシェイクしたもの。バニラリキュールを入れることもある。


2004年08月