繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  おいしい味を求めて!イタリアの「食」を満喫する旅 > スマートなレストラン利用法 > イタリア料理フルコースのメニュー例
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


イタリア料理フルコースのメニュー例

イタリア料理のメニューは食前酒から食後のカフェまで、以下のようなメニュー構成になっている。フランス料理と違って量が多いので、フルコースで食べたら普通の人はお腹いっぱいに。順番に頼む必要はないので、お腹と相談しながら決めよう。

食前酒 アペリティーヴォaperitivo

食事の前に軽く一杯飲むお酒。ハーブ系リキュールのカンパリ、発泡ワインのスプマンテ、チンザノの名前で有名なハーブの入った白ワインベースのお酒ベルモットなどが定番。

食前酒 アペリティーヴォaperitivo

前菜 アンティパストantipasto

主に野菜、サラミ、生ハムやサーモンなどの魚介類を使った食事の前の軽めの料理。サラダやマリネといった冷たい料理が一般的。

前菜 アンティパストantipasto

1皿目の料理 プリモ・ピアットPrimo piatto

パスタやリゾットなど。スープもプリモピアットに含まれる。日本人にとってメイン料理の感がある料理もメインの前のこのプリモ・ピアットに含まれる。

1皿目の料理 プリモ・ピアットPrimo piatto

2皿目の料理 セコンド・ピアットSecondo piatto

肉、魚を中心としたメインディッシュ。ミラノではミラノ風カツレツ、ナポリでは新鮮な魚貝類など、その地方の名物をぜひ食べてみよう。

2皿目の料理 セコンド・ピアットSecondo piatto

付け合わせ コントルノContorno

サラダ、温野菜などの野菜の付け合わせ。メインディッシュには通常付け合わせは付いていないので、野菜が欲しいときにはコントルノを注文する。

デザート ドルチェDolce

デザートには、ティラミス、パンナコッタなどの菓子をはじめ、果物、ジェラートがある。盛り合わせやワゴンでのサービスがある店も。

デザート ドルチェDolce

食後酒 ディジェスティーヴォdigestivo

食後の口直しとしての飲み物で、ワインを蒸留したグラッパ、レモンリキュールのリモンチェッロ、陰干ししたブドウから作られる甘く濃厚なワインのヴィンサントなどが定番。コーヒーを頼むならエスプレッソにするのがイタリア流だ。

食後酒 ディジェスティーヴォdigestivo
食後酒 ディジェスティーヴォdigestivo
2004年08月