繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  世界遺産の旅 2004 > 世界遺産おすすめ50 > 大自然に感動の世界遺産12 1位〜4位
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


大自然に感動の世界遺産12
1位〜4位

不思議としかいいようがないような景色、地球が歩んできた歴史が現れたような大地、珍しい動植物が見られる場所……。自然が創り出した空間にひたる。

第1位 グランド・キャニオン国立公園

Grand Canyon National Park

1979/自然1,2,3,4/アメリカ

早朝のグランド・キャニオン、サウスリム

早朝のグランド・キャニオン、サウスリム

グランド・キャニオンはコロラド川が大地を浸食してできた渓谷。深さが平均1200m、その全長は500kmにもわたる。地球の歴史をはじめ、さまざまな学問を研究する上での資料としての価値も非常に高い。しかしなんといっても、米大陸の歴史をすべて飲み込んでしまっているような風景が圧巻。この風景を体感してみてほしい。(泉ユキコさん アメリカ編担当)
朝日が昇るときの景色もすばらしい。 (垣内美穂さん アールアンドシーツアーズ) 

第2位 バイカル湖

Lake Baikal

1996/自然1,2,3,4/ロシア

夏のバイカル湖。水平線が見えるほど広い

夏のバイカル湖。水平線が見えるほど広い

バイカル湖は最大深度1742mと世界で最も深い湖。バイカルはタタール語で「豊かな湖」を意味しており、その生態系の豊かさや1700種類以上という固有種の多さから「ロシアのガラパゴス」の異名を持つ湖の青さ、大きさともに圧倒される風景。
(豊田絵里子さん ロシア旅行社)

第3位 グレート・バリア・リーフ

Great Barrier Reef

1981/自然1,2,3,4/オーストラリア

グレート・バリア・リーフの中部、ハーディリーフ内にあるハートリーフ

グレート・バリア・リーフの中部、ハーディリーフ内にあるハートリーフ

約2000kmにも連なる世界最大の珊瑚礁地帯。世界で最も多くの種類(約400種)を数えるサンゴ、1500種を超える魚類、4000種にも及ぶ棘皮動物、そして240種を超える鳥類が生きる地域である。大自然が造り出す美しさ、不思議さへの驚きは言い尽くせない。 (伊藤誠彦さん アールアンドシーツアーズ)

第4位 ヨセミテ国立公園

Yosemite National Park

1984/自然1,2,3/アメリカ

花崗岩としては世界最大のエル・キャピタン1000m以上も高度差がある

花崗岩としては世界最大のエル・キャピタン1000m以上も高度差がある

カリフォルニア州、シエラネバダ山脈にある国立公園。いくつもの湖やセコイアの森、滝、巨岩や氷河によってできた渓谷などその景観は変化に富み、多種多様な動植物が分布している。アメリカでも数少ない、緑がいっぱいの国立公園として、日本の山岳風景とは違う偉大さや美しさに感動。 (原毅さん アールアンドシーツアーズ) 実際に壁を登り、圧倒された。
(古谷朋之さん 風の旅行社)

2004年9月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部