ガイドブック編集部 > 特集 >  世界遺産の旅 2004 > 世界遺産おすすめ50 > 壮大な建築物の世界遺産15 1位〜5位

壮大な建築物の世界遺産15
1位〜5位

強大な権力、莫大な富、篤い信仰心……。その巨大な建築物を生み出した背景はさまざまだが、その壮大さゆえに人々を今も惹きつけてやまない。そんな建物にただ驚く。

第1位 万里(ワンリー)の長城(チャンチョン)

The Great Wall

1987/文化1,2,3,4,6/中国

北京からタクシーで1時間半ほど
交通の便は悪いが
古い部分が残っているので人気の司馬台長城

北京からタクシーで1時間半ほど交通の便は悪いが古い部分が残っているので人気の司馬台長城

万里の長城は、東は渤海に面する秦皇島から西は敦煌近くの嘉峪関まで、6350kmの長さに達する世界最大の建造物。よく修復され、美しい形で残されているのは北京周辺の八達嶺だが、西端の嘉峪関なども人気がある。山の峰に沿ってうねるように連なる城壁。規模の大きさに圧倒される。
(三浦抄子さん アメリカ編担当)

第2位 バチカン市国

Vatican City

1984/文化1,2,4,6/バチカン

カトリックの総本山サン・ピエトロ寺院の内部

カトリックの総本山サン・ピエトロ寺院の内部

初代のローマ教皇以来、262人のローマ教皇により守られてきたカトリックの聖域。集められた宝物や資料は膨大な数にのぼる。カトリックの総本山として、すばらしい建築、美術品物やなどを持つヴァティカンと、永遠の都ローマ(別の世界遺産として登録)のスケールの大きさに感動する。
(飯島千鶴子さん イタリア編担当)
迫力がすごい。来ている人も、ひとつひとつに目を向けてゆっくりと鑑賞していた。
(樅山幸弘さん アメリカ編担当)

第3位 ダラム城と大聖堂

Durham Castle and Cathedral

1986/文化2,4,6/英国

ウィアー川のほとりに1072年に建造されたダラム城。その後大学として使われたこともある

ウィアー川のほとりに1072年に建造されたダラム城。その後大学として使われたこともある

ダラムは、7世紀に活躍した聖カスバートの巡礼地として12世紀前半に完成した大聖堂を中心に町は栄えた。ダラム城は町を治めたプリンス・ビショップ(ダラム司教)の居城。ヨーロッパの頑丈な石造建築物の「重さ」を感じる。
(碓井正人さん 中国編担当)

第4位 モン-サン-ミシェルとその湾

Mont-Saint-Michel and its Bay

1979/文化1,3,6/フランス

島全体が修道院のように見える独特の景観

島全体が修道院のように見える独特の景観

966年に建築が始まってから数世紀にわたって増改築が繰り返されてきた修道院。そのため内部は中世の建築方式が混ざり合っている。周辺は潮の干満の差が激しく、かつては満潮時に島全体が水に囲まれたという。海に囲まれた修道院は世界を代表する美しい姿。とくに日没時は素晴らしく、この風景を経験して見方が変わった。ここは泊まるべき!
(坂井彰代さん フランス編担当)

第5位 タージ・マハル

Taj Mahal

1983/文化1/インド

95m四方、ミナレットの高さ43m、22年の歳月をかけて建造されたタージ・マハル

95m四方、ミナレットの高さ43m、22年の歳月をかけて建造されたタージ・マハル

ムガル皇帝シャー・ジャハーンが、妻のムムターズ・マハルの死を悼んで造った情味ある建物。その均整の獲れた完璧なまでの建築美などから、インドのみならず世界を代表するイスラーム建築との評価も高い。白い、大きい、美しいという単純な存在そのものに息を呑んだ。
(小松英悟さん アールアンドシーツアーズ)

2004年9月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部