ガイドブック編集部 > 特集 >  世界遺産の旅 2004 > 世界遺産おすすめ50 > 壮大な建築物、宗教的価値の高い世界遺産15 11位〜15位

壮大な建築物、宗教的価値の高い世界遺産15
11位〜15位

強大な権力、莫大な富、篤い信仰心……。その巨大な建築物を生み出した背景はさまざまだが、その壮大さゆえに人々を今も惹きつけてやまない。そんな建物にただ驚く。

第11位 フエの建造物群

Complex of Hue Monuments

1993/文化3,4/ヴェトナム

フォーン川のほとりに建つライトアップされたフエの王宮

フォーン川のほとりに建つ ライトアップされたフエの王宮

ヴェトナム最後の王朝である阮朝の首都は、ここフエに置かれた。フォーン川の周辺に、王宮や寺院、皇帝廟などの建築物が並んでおり、荘厳な雰囲気が感じられる。規模の大きな建築群だが、世界遺産というわりには静かで心が落ち着く場所。
(岩間幸司さん カメラマン)

第12位 古代都市アユタヤと周辺の古代都市群

Historic City of Ayutthaya and Associated Historic Towns

1991/文化3/タイ

ビルマ軍と戦った勇敢な王妃を称える黄金の仏塔、スリヨータイ王妃のチェディ

ビルマ軍と戦った勇敢な王妃を称える黄金の仏塔、スリヨータイ王妃のチェディ

アユタヤの町は、東アジアはもちろん、ヨーロッパ諸国とも交易を結んだアユタヤ王国の首都だった場所。18世紀にビルマ軍の攻撃により壊滅したが、わずかに残る寺院が当時の雰囲気を今に伝えている。喧噪のバンコクからわずか2時間。時間が止まっているみたいで好き。
(桜井知美さん アールアンドシーツアーズ)

第13位 オフリド地域の文化的・歴史的景観とその自然環境

Ohrid Region with its Cultural and Historical Aspect and its Natural Environment

1979,1980/自然3,文化1,3,4/マケドニア

オフリド湖のほとりに建つ聖ヨハネ・カネヨ教会 内部のフレスコ画は残念ながら保存状態があまりよくない

オフリド湖のほとりに建つ聖ヨハネ・カネヨ教会
内部のフレスコ画は残念ながら保存状態があまりよくない

アルバニアとの国境に位置するオフリドの町は、ビザンツ美術の宝庫。9世紀頃から多くの宗教建築が建てられ、特に聖ソフィア聖堂の中に描かれた「キリストの昇天」は傑作である。このあたりの風景は美しく、オフリド湖畔に立つ教会のたたずまいは感動もの。
(平田功さん 中欧編担当)

第14位 聖カトリーナ修道院地域

Saint Catherine Area

2002/文化1,3,4,6/エジプト

聖カトリーナ修道院三位一体聖堂の夜明け

聖カトリーナ修道院三位一体聖堂の夜明け

モーセ山はモーセが十戒を授かったことで知られる山。ユダヤ教、キリスト教、イスラームにとって重要な聖地とされ、現在でも多くの巡礼客を集めている。聖カトリーナとはローマ時代にこの地で殉教した聖者にちなんでいる。シナイ山でご来光を見たときに「旅慣れ」していた自分に「カツ」を入れられたように感じたのがいちばんの理由です。
(伊藤伸平さん オーストラリア編担当)

第15位 ランスのノートル・ダム大聖堂、
サン-レミ旧大修道院とト宮殿

Cathedral of Notre-Dame, Former Abbey of Saint-Remi and Palace of Tau, Reims

1996/文化1,2,6/フランス

3段で構成され、左右対称に2本の塔が建つ正面。細部の彫刻もすばらしい

3段で構成され、左右対称に2本の塔が建つ正面。細部の彫刻もすばらしい

ランスのノートルダムは13世紀早々に着工されたゴシックの大聖堂。建物の平面設計図はよく計算され、完璧に近い左右対称だ。サン・レミバジリカ聖堂は100年着工の歴史ある聖堂。ト宮殿は現在美術館として利用されている。フランス北部はちょっと地味な印象だが、ランスの大聖堂は教会好きなら決定版!
(佐伯英恵さん パリ編担当)

2004年9月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部