繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  世界遺産の旅 2004 > 世界遺産雑学講座
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


世界遺産雑学講座

知れば知るほど奥が深いのが世界遺産。ここでは、少しユニークな見方で世界遺産を見てみよう。世界遺産って、そもそも何?という人には、コンパクトにまとめた早わかり講座を読んでね。

おもしろ世界遺産

世界中に788物件もある世界遺産のなかには、ちょっと首をかしげたくなるような世界遺産、見方を変えるとさらに魅力が深まる世界遺産がある。たとえば・・・・・・

これはそっくり世界遺産

アメリカとアジアの西端に、まるで同じ風景が存在する。ほかにも、中国の黄山とギリシアのメテオラ。地面からにょきにょきと山のように不思議な形の岩が天に向かって伸びている。巨大な城壁の雰囲気が似ているスペインのアービラとウズベキスタンのヒヴァのイチャン・カラ。城壁の外から見ると高い塔が出ているのがわかる。キリスト教の鐘楼とイスラームのミナレットという違いこそあれ、その姿は見比べるとおもしろい。モン-サン-ミシェルと厳島神社。潮の満ち引きによって地続きになったりならなかったりするところが、ともに聖なる地となる部分は興味深い。一見似ていなくても意外に共通点が発見できる世界遺産はあるものだ。

パムッカレとイエローストーン

石灰を多く含んだ水が流れ出て、白い結晶が岩に付く。普通は洞窟のようなところにしかできないが、雨が少ないところでは、このように大きな結晶が露出する。気候が似ているということだろう。

トルコ南西部にあるパムッカレは、イスタンブールから飛行機やバスなどを乗り継いで2時間ほどの距離にある

トルコ南西部にあるパムッカレは、イスタンブールから飛行機やバスなどを乗り継いで2時間ほどの距離にある

ヒエラポリス-パムッカレHierapolis-Pamukkale
/1988/自然3 文化3,4/トルコ

イエローストーンはアメリカ中西部にある。写真はマンモス・ホット・スプリングス

イエローストーンはアメリカ中西部にある。写真はマンモス・ホット・スプリングス

イエローストーンYellowstone
/1978/自然1,2,3,4/アメリカ

ラパ・ヌイ国立公園とネムルット・ダー

人をかたどった像が地面に生えているような光景が似ている(?)。モアイは台座の上にきちんと乗せられたものが多いが、ネムルートの像が元の位置に戻れるのはいつか?

イースター島へはチリのサンチアゴからの飛行機のほか、タヒチからも便がある

イースター島へはチリのサンチアゴからの飛行機のほか、タヒチからも便がある

ラパ・ヌイ国立公園Rapa Nui National Park
/1995/文化1,3,5/チリ

イスタンブールからマラテヤまでは飛行機で所要1時間30分、ここから日の出&日の入りツアーがある

イスタンブールからマラテヤまでは飛行機で所要1時間30分、ここから日の出&日の入りツアーがある

ネムルット・ダー Nemrut Dag
/1987/文化1,3,4/トルコ

2004年9月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部