ガイドブック編集部 > 特集 > 空港の新施設&新サービス > 中部国際空港(セントレア)魅力その3 ターミナルビルの商業施設

来年OPENする中部国際空港を、ひと足先にチェック! 中部国際空港(セントレア) セントレアの魅力 その3 免税店だけじゃない! ウエディングや展望風呂も楽しめる

旅客関係以外の商業施設も要注目だ。セントレアでは、旅行以外の目的での空港利用者を年間300万人と見込んでいて、施設の充実にも力を入れている。

まず、話題になっているのが空港ウエディングだ。ターミナルビル1階センターピアの先端に、挙式可能なスペースが設けられている。そして披露宴は、3階の展望レストラン「クイーン・アリス&トゥーランドット」で。昼は旅客機の離発着、午後には沈む夕日(西向きなので)、夜には夜景が見える最高のロケーションと、フレンチの巨匠、石鍋裕シェフのプロデュースするフレンチと中華のコンビネーション料理を堪能できる。すでに予約は始まっており、最初の5日間で20件ほどの予約が入ったという人気ぶりだ。


吹き抜けが気持ちいい「センターピアガーデン」での結婚式(イメージ)。

吹き抜けが気持ちいい「センターピアガーデン」での結婚式(イメージ)。

展望レストラン「クイーン・アリス&トゥーランドット」(イメージ)。もちろん、旅行客以外の一般の人も利用可能

展望レストラン「クイーン・アリス&トゥーランドット」(イメージ)。もちろん、旅行客以外の一般の人も利用可能

飛行機の発着を眺めながら、お風呂でのんびり

セントレアには、なんと展望風呂までできる。もちろん、日本初の空港内展望風呂だ。こちらの施設も西向きなので、夕日に輝く旅客機を見ながらゆったりお湯に浸かることができる、飛行機ファンには涙もの!?の施設だ。もちろんこのほかに、ヘアサロンやエステ、マッサージなどの施設も完備している。

最後に、旅行者には気になる免税店だが、化粧品&ファッション店と酒&たばこ店が各1店舗、ブティック5店舗がオープンする。このうち化粧品&ファッション店は、単一店舗の広さとしては、国内最大のものになるとのことで、品揃えも期待できそうだ。1年365日、毎日イベントが開かれるというイベントプラザも含め、さまざまな楽しみ方が可能な新空港の完成が待ち遠しい。

なお、セントレアの公式WEBサイトhttp://www.centrair.jp/では、最新ニュースのほか、現在進んでいる工事状況などを豊富な写真や動画で楽しむこともできるので、興味のある方はぜひ。

飛行機を眺めながら展望風呂「宮の湯」でのんびり(イメージ)

飛行機を眺めながら展望風呂「宮の湯」でのんびり(イメージ)

今回お話を伺った、中部国際空港(株)東京事務所の高柳さん。「観光スポットに遊びに行くような感覚で利用してもらえる、魅力ある空港にしていきたいですね」

今回お話を伺った、中部国際空港(株)東京事務所の高柳さん。「観光スポットに遊びに行くような感覚で利用してもらえる、魅力ある空港にしていきたいですね」

中部国際空港へのアクセス

中部国際空港(セントレア)は、名古屋にほど近い愛知県常滑市の沖、伊勢湾の海上に建設される。名古屋からは鉄道(名鉄)で28分、自動車でも約40分という便利さだ。現在の名古屋空港のほうが距離的には近いが、途中の渋滞が激しく時間がかかるため、現実的には所要時間はほとんど変わらないとのこと。空港駅の開通は2005年1月29日の予定。なお、対岸にあたる三重県の津や鳥羽とも高速船やフェリーで結ばれる。

中部国際空港(セントレア)Webサイト
http://www.centrair.jp/


資料提供・取材協力:中部国際空港(株)

2004年10月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部