ガイドブック編集部 > 特集   >  オーロラを見に行こう!2004-2005 > どっちがお得? パッケージツアーVS個人旅行

どっちがお得? パッケージツアーVS個人旅行

パッケージツアーというと、自分に必要のないものまでセットされていて、なんだか無駄なものにまでお金を払っているように思われる方もいるかもしれません。しかし、オーロラを見に行くツアーに参加すれば、ツアー客でなければ受けることができないさまざまなサービスが利用できます。

一方、個人旅行の場合は、出発日の設定を気にすることなく、予算と時間の許す限りオーロラ観測地に滞在することが可能です。また宿泊先も自由に選ぶことができますので、B&Bなどに宿泊すれば滞在費を安く抑えることも可能です。

どんなタイプの旅行にするかは、人それぞれの都合に合わせるべきですが、それでも、真冬の時期にオーロラを初めて見に行くという方には、できればツアーを使うことをおすすめします。なぜなら冬の北極圏はときにマイナス30度を下回る気温になることもあり、移動手段や宿泊施設を確保しておかないと危険なこともあるからです。

このページでは、パッケージツアーを利用した場合と自分で手配する個人旅行にした場合のメリット・デメリットを紹介します。

パッケージツアーのメリット、デメリット

手配が楽で料金的にもお得に旅行できるのがパッケージツアーのいいところです。冬の北欧行き航空券はかなり安くなりますが、個人で手配した場合は、「航空券+ホテル+移動」の総費用はパッケージツアーのほうが安くなることが多いはずです。

パッケージツアーの使いにくい点は、コースによって最少催行人員が設定されていて、希望日に出発できないかもしれないことや、スケジュールがきっちり決まっていて、自由に行動できない日があることなどが挙げられます。

しかし、添乗員のつかない2名催行の滞在型の旅であれば、現地での行動の仕方は自分たち次第だし、同じコースを個人で手配するよりはずっと楽にしかも安く上がる可能性もあります。

先にも書きましたが、オーロラを見に行くのが初めてで、それでもオーロラをじっくりと見てみたいという方なら、滞在型のパッケージツアーを選ぶことをおすすめします。

メリット

  • 手配が楽(旅行会社に申し込みさえすればいい)
  • コスト的にもお得なことが多い
  • 現地でトラブルがあったときも変更手配をしてもらうことができる(主催旅行参加の場合)
  • ツアー参加者しか利用できないサービスを受けることができる
  • 記念グッズをもらうことができるコースもある

デメリット

  • 催行人員の関係で、自分の希望スケジュールどおりに出発できない危険性がある
  • 行動が制限される場合もある
  • 自分にとって不要なサービスや観光が含まれるかもしれない

個人旅行のメリット、デメリット

とにかく自由に、自分の都合と興味に合わせてスケジュールや訪問先を決めることができるのが個人旅行の魅力です。しかしオーロラを観測できる旅行先は限られているので、個人旅行で手配しようと思った場所が、実はツアーで行ったほうが安上がりだということもありえます。

また個人旅行の場合は、交通機関のトラブルで旅程が狂ったときも自分自身で手配変更を行なわなければなりません。野宿でしのぐことができない冬の北極圏の旅では、個人旅行はそれなりにリスクを抱えることとなります。

リスクが少なく手間のかからない個人旅行の方法はないものでしょうか。ツアーのいい面と個人旅行の自由な面を享受できる旅行方法です。

そんなふうに考えたときは、現地の旅行会社が手配する「ランドパッケージ」を利用しましょう。ランドパッケージとは、文字どおり「地上部分のみを手配するパッケージツアー」のことで、たいていは空港や指定の場所でお客さんをピックアップし、また指定の場所や空港まで連れ帰ってくれるというものです。

インターネットで「オーロラ ツアー」というキーワードを入れて検索すると、旅行会社のサイトが引っかかってきますが、けっこうな数の現地旅行会社のページを見つけることができます。マイレージを使って旅行できるような方には非常に利用価値が高いのではないでしょうか。

メリット

  • 飛行機の座席と宿が取れさえすれば、出発日と帰国日を自由に決めることができる
  • ツアーにない訪問先を訪れることができる
  • 現地でのスケジュール変更も可能
  • マイレージを利用した旅にすれば旅行費用が安く抑えられる

デメリット

  • 現地でのトラブルには自分で対応しなければならない
  • ツアーに参加しないと予約が入りにくい宿泊施設がある
  • まったく同じコースをたどる場合、ツアーよりも割高になる可能性がある
2004年11月