繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 > オーロラを見に行こう!2004-2005  > オーロラツアーのご紹介
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


オーロラツアーのご紹介

「アルキカタ・ドット・コム」と「地球の歩き方 旅プラザ」では、この秋・冬に北欧エリアを中心とするオーロラ観測ツアーを組みました。滞在型の旅から周遊型の旅まで、さまざまなコースが設定されています。ツアーをお探しでしたら、ぜひこれらのコースもご検討ください。

こちらのページでは両社が扱うツアーについて簡単にご案内します。さらに詳しい内容は、ツアー名をクリックして詳細ページをご覧ください。

「アルキカタ・ドット・コム」のツアーコース

滞在型が4方面10コース、周遊型が2方面2コースとなります。滞在型コースではスウェーデンのドゥンドレットとフィンランドのレヴィ、グリーンランドのカンゲルルススアークをベースにオーロラを観測します。ドゥンドレットとレヴィはスキー場がすぐ隣にありますので、ウインタースポーツも楽しみたいのなら、これらのコースがおすすめです。またカンゲルルススアークは、冬の間の晴天率が非常に高いので、オーロラ観測には最適の場所と言えます。

周遊型のコースとしては、フィランドのレヴィを起点にロヴァニエミヘルシンキと周遊する「サンタクロースエキスプレス乗車周遊コース」と、ロフォーテン諸島を巡る「ロフォーテン諸島周遊コース」とがあります。フィンランド周遊の「サンタクロースエキスプレス乗車周遊コース」では、ロヴァニエミからヘルシンキの移動の際に、人気の寝台列車「サンタクロースエキスプレス」に乗車します。オーロラとスキーリゾートにサンタクロース村、さらに寝台夜行に乗って、デザインあふれる首都ヘルシンキ滞在という盛り沢山のコースです。

もう一方のロフォーテン諸島周遊コースは、ハシュタを起点に沿岸急行船に乗りスタムスンドまで南下、そこから小さな漁村モッツンドのロルブー(漁師小屋)に滞在するというコースです。ロフォーテン諸島はガイドブックでもあまり紹介されていませんが、クルーズの際の景色はそれはすばらしいと評判です。

「地球の歩き方 旅プラザ」のツアーコース

地球の歩き方 旅プラザのツアーは4コース。いずれのコースもヨーロッパ内の指定都市への移動が可能です。オーロラ観測ツアーの場合、同一滞在地以外に延泊できるツアーが案外少ないので、オーロラと冬のヨーロッパを同時に楽しむことをお考えでしたら、ぜひこれらのコースをご利用ください。

「サンタクロース村とオーロラ観測の旅」はサンタクロース村のあるロヴァニエミに1泊し、サーリセルカで4泊、そのあとヘルシンキで1泊して帰国するコースです。オーロラ韓国チャンスがたっぷりとあり、スケジュール的にも余裕がありますので、フィンランドの冬を満喫していただくことができると思います。

「アイスランドでオーロラ観測と温泉の旅」のコースは、人気の観光エリア「ゴールデン・サークル」を巡る周遊型の旅です。有名なブルーラグーン温泉にも入場できますので、温泉体験もお楽しみください。アイスランドは国名と違い、冬でも温暖な気候ですので、その点でも安心です。

「北欧オーロラ大自然の旅+好きな街」のコースでは、ドゥンドレット氷のホテルがあるユッカスヤルビに滞在します。オーロラ観測地滞在のあとに、ヨーロッパ各地に飛ぶことができます(追加料金が必要です)ので、クリスマス前に旅行する予定があるようでしたら、ぜひクリスマス市でにぎわうヨーロッパ各地を訪れてみてください。

「北極圏でオーロラ観測+好きな街」のコースでは、ノルウェーのトロムソに3泊滞在してからヨーロッパ各地に飛ぶことができます(追加代金が必要)。

2004年11月