恭喜發財2005
アジアの旧正月を楽しもう!
香港
シンガポール
台湾
もっと知りたい旧正月
旧正月を知るキーワード
これを食べなくちゃ!
コラム〜お年玉事情!
アジア3都市の旧正月事情
香港
シンガポール
台湾
オーロラを見に行こう! 04-05

 
チャイナエアライン予約課の阿口さんによると「台北〜東京のフライトは旧正月の3日前あたりから混み始めます。2月9日からの1週間はかなり混雑しますし、その影響は2月中旬まで続きます」とのこと。もちろん現時点では日程によっては予約可能なので、問い合わせてみよう。

冬にはやっぱり鍋料理がおすすめ
台湾の旧正月休暇は、2月6日から13日までの間の1週間ほど。この期間は多くの人が日本への旅を計画しているため、航空券がとりにくくなる。香港同様、台湾の人にとっても日本は人気の旅先。さっぽろ雪祭りも大人気だ。
■《台湾 おすすめプラン》旧正月のラストを彩るイベントを堪能する
「元宵節のお祭りに浮かれる3日間」2月22日(火)〜24日(金)
台南や台北など、台湾各地で23日から開催されるランタン・フェスティバルを楽しむプラン。台北郊外で行われる幻想的なお祭り、平渓天燈祭も必見。元宵節の味、湯圓や日本とはひと味違う鍋料理も味わってみたい。
■《台湾 旧正月ひとくちメモ》
元日にあたる9日から13日は個人商店の多くが休業。デパートや映画館は11日から営業するところが多い。台北の観光スポットでもある士林をはじめとする夜市も旧正月時期はクローズ。ショッピングやグルメ、茶藝館めぐりが目的なら少し時期をずらして、元宵節あたりに訪れるとよいだろう。
■《台湾へのアクセス情報》
チャイナエアラインの成田〜台北線が1日2〜4便あるほか、名古屋、広島、福岡、那覇の各空港からも直航便が飛んでいる。所要時間は約3時間20分。台北経由で高雄への乗り継ぎ便もある。また、日本アジア航空、エバー航空、ノースウエスト航空、ユナイテッド航空、キャセイ パシフィック航空が直航便を運行。
▲このページのトップへ
 
→次のページに進む


spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer