繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  旬の旅はプロに聞け! > 第2回 マルタ観光局
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


第2回 マルタ観光局

マルタ共和国は、マルタ本島、ゴゾ島、コミノ島の3島から構成される。面積は日本の淡路島の2分の1ほどの小さな島国で、2004年5月にEUに加盟を果たしている。とかく日本からは遠いと思われがちだが、シチリアや南イタリアの都市からも近く、ローマから約1時間半、フランクフルトから約3時間と、航空会社の選択によっては乗り継ぎもスムーズで、出発日同日にマルタへ到着も可能。

マルタ共和国

ヨーロッパでは注目の夏のリゾート地であり、日本人にとっては世界遺産の宝庫として注目を集めている。
今回は、マルタ観光局開設以来、日本地区局長を担当されている遠藤三千雄さんにマルタの魅力をうかがった。

マルタってどんな国?

■謎に満ちた世界遺産の島

マルタ到着10分前、飛行機の窓(右手)から見ると誰もが息を飲む、首都ヴァレッタ(約9,000人が住む要塞都市)の全貌を上空から見る事が出来ます。マルタはリゾート地として大変有名ですが、日本ではそれ以上に世界遺産がこの小さな島国に3つもある事で知られています。ヴァレッタ市街、マルタの巨石神殿群 、ハル・サフリエニ地下墳墓 は、1980年に世界遺産に登録されています。

マルタへの旅のスタートはこの絶景から始まります!
ヴァレッタ市街を実際にご覧いただくとその凄さに声も出なくなります


巨石神殿群のひとつイムナイドラ神殿

巨石神殿群のひとつイムナイドラ神殿

ハル・サフリエニ地下墳墓

ハル・サフリエニ地下墳墓

■アトランティスはマルタ!?

2004年7月31日TBS系『世界ふしぎ発見!』でも紹介されましたが、幻の大陸アトランティスはマルタであったのではないかという説があります。世界で40カ所以上アトランティスであったとされる島の中でも最有力候補とのことです。現在も島の各所、約30カ所以上で発掘が継続中とのこと。

古代のロマンを感じてください

古代のロマンを感じてください


「アトランティスはマルタにあった」という説を裏付ける根拠が、今この時にも見つかっているかもしれません。
まさに謎に満ち溢れた国(島)がマルタ共和国なのです。

■映画の世界に迷い込む

ラ・ドルチェ・ビータはサン・ジュリアンの高台にあり、スピノーラ湾を見下ろす眺望も魅力

ラ・ドルチェ・ビータはサン・ジュリアンの高台にあり、スピノーラ湾を見下ろす眺望も魅力

セレブが良く訪れる有名なレストラン「Le Dolce Vita」に、『トロイ』の撮影で滞在していたブラッド・ピットが現れた

セレブが良く訪れる有名なレストラン「Le Dolce Vita」に、『トロイ』の撮影で滞在していたブラッド・ピットが現れた

■マルタタイムでゆっくりと楽しむ

マルタを旅していていつも思うことは、マルタの人々に「焦る」と言う言葉はないのではないかということ。マルタ人は心優しくほとんど争いをしません。人々はとてものんびりと暮らしていて、皆とてもマイペースです。治安がとても良いということもマルタが世界的にこれほど人気がある理由のひとつでしょう。

私は旅行に出ると(国内外問わず)寝る間も惜しんで飛び歩くほうです。一分一秒も無駄にしないように計画を立ててせかせかとしてしまいます。そんな私でもマルタに行ったらマルタ時間(マルタタイム)で過ごすようにしています。皆さんも本当のマルタの魅力を味わいたいなら、ぜひそう心がけてみてください。2、3泊の滞在でしたら無理な話かと思いますが。もし4、5泊いらっしゃるようでしたら、ぜひ時計はホテルに置いて、自分の足でマルタを歩くことをおすすめいたします。小さなマルタですが、世界遺産が3カ所、島の回りは360度コバルトブルーの海、内陸に行けば大自然とすべてが揃っています。お好みの場所を目指しマルタの優しい人々との交流を交えながらマルタを踏みしめましょう。新たな体験をお約束いたします。

治安もいいので、観光は町歩きがいちばん

(上)治安もいいので、観光は町歩きがいちばん

(右)スケジュールを入れない日を作ってみましょう

スケジュールを入れない日を作ってみましょう
2004年08月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部